年末になる前に大掃除を片付けましょう!
年末はこたつに入ってみかんをつつき、大掃除なにそれ?おいしいの?
とボケるのが最高の至福の瞬間であります。
今回は普段やらない掃除箇所のひとつ、天井周辺です。

わが家の天井周辺を新築モデルルームばりに綺麗にしよう


先日見聞を広める目的で地元のモデルルームを見学してきたとき、
思い知ったのが戸建ての綺麗さ、掃除のしやすさです。
壁も天井もそれほど苦も無く綺麗にできると思われます。
最悪、壁紙をばりばりっと貼りかえれば、ほぼ新築に戻りましょう。

残念ながら我が家は築30年超のデザインで作られており、
最新戸建てと比較して保守性がよろしくないです。

照明器具まわりにかっこいい木枠があったり、
壁材と天井材の接手にシールドみたいなのがあったり、
あまり楽じゃないんです。
それでも迫れるところまで掃除をしてみたいと思います。

テーマは「天井付近」

今回挑むは天井の壁ではなくて、天井周辺の汚れたパーツです。
わが家は壁と天井の間に需要不明なパーツがいくつかありまして、
おしゃれや見栄えのために使われた建材があるのです。

しかも、身内にタバコを吸っていたものがいて、知らず汚していたようです。
タバコヤニで不自然な茶色をまとった壁材は綺麗にしてみましょう。

ヤニやしみついた埃汚れがなければはたきと水拭きで終了

うちは厄介なことにタバコを吸っていた住人がいたので、
遠くからみるとわりと綺麗だな、で終わりません。

実際は抹茶色に汚れてヤニ臭もきついのです。
タバコを吸っている部屋の壁や柱材をクロスで軽く拭き掃除すると、
白いクロスが茶色に染まるようでは覚悟を決めねばなりません。

ヤニとの戦いに必要な道具

タバコのヤニ落とし洗剤は必要ありません。
必要なものはこちら。

  1. メラミンスポンジ
  2. ぼろ布かぞうきん
  3. 水の入った桶
  4. 使い捨て手袋
  5. 脚立

これだけです。

掃除方法

メラミンスポンジに水を含ませ軽く絞り、
ぞうきんが茶色に染まった表面をこすります。
眺めているだけでは汚れているとは気づかないのです。


数回擦るとたばこのヤニがメラミンスポンジを抹茶色にします。

桶の水でメラミンスポンジを数回洗い、原型ととどめないほどつぶれたら、
綺麗なものと交換し建材の表面を繰り返し拭き掃除します。

ふき取りしてメラミンスポンジに茶色に渋のような汚れがでてこなくなったら、
ぞうきんやクロスで拭きとって綺麗にします。
このような箇所は汚れがたまるのに普段掃除がされないので、
かなり汚れています。

掃除を行うとまったく色が違うのが写真でわかると思います。
黄色枠はタバコヤニで茶色なのですが、
全体的に茶色だと目が汚れに気づかずだまされるんです。

たばこを吸うひとが掃除をすればいい!しないなら失せるべし!

親の因果が子に報う・・・。
うちの親はたばこを吸っていて肺を患って絶命
しかも喫煙所の掃除はしないタイプ。
その息子である小生はたばこが吸えないのにヤニ落としをするさだめ。
なんという悪循環なのであろうか。

たばこを吸う人はその過程で家全体がヤニで汚れることを覚悟しなければならない・・・。
たばこの白い煙を吐き出すとき、
ヤニもまたひとも壁も家具も茶色に汚しているのだ。

そこにはあなたの美しく長い黒髪も含まれる。

つまり、たばこを吸う人が毎日家の壁や家具を磨けばいい!
そのとおり、それができるのであればだ。

ちなみに家具、壁紙、床材、天井、照明器具のすべてが新築同然の元通り綺麗になるには、
莫大な時間が必要である。
たばこ一本でも吸ったその時点で家を元に戻すには1平方メートルで1時間はかかる。

時は金なり、たばこ掃除なんて時間の無駄だと気付くべき。
まったく楽じゃない。

まとめ

木材、プラスチック、金属のヤニ汚れはメラミンスポンジで
擦り洗いしたほうが早いです。
願わくばあなたの家にタバコを吸うものがいませんように。
ヤニ落としの際に臭いで吐き気とかでることがあります。
お気を付けください。
木材を磨いた際に艶が消えることがあるのですが、
木材ワックス、艶出し剤を使うことで回復します。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事