魚焼きグリルでコロッケを焼いて新境地に到達し、ひとり喜んでおったのですが・・・。
さらにそれを上回る製法の人気コロッケレシピを紹介してもらいました。
その名はスコップコロッケ。どういうものなのか?神仏照覧。

スコップコロッケとは?

丸めない、揚げない、バッター液なども使わない。
カロリーを抑えた体に優しいコロッケがあるとのこと。

タネを作るところまではコロッケと同じですが、
耐熱皿にタネをいれて炒めたパン粉のせて焼くだけ。
すばらしい!!そういうアイデアを待っていました。

てかと
参考にしたレシピはこちらです。

手間なし簡単♪ 2種のポテトコロッケ☆ レシピ・作り方

 

スコップコロッケをグリルで焼こう!

初手からつまづくのですが、わが家には参考レシピに登場するオーブンがないので、
応用してグリルで加熱調理になりました。
グリルは温度設定200度に達するため、なんとかなります。

あと高温に耐える専用装備というか耐熱皿がありません。
200度を超えるグリルではもたないものばかりです。
遺憾ながら今回はグリルパンで対応させていただきました。

グリルで使用するフライパンでミトンで取っ手をつかんで取り出します。
このオプション装備であれば、グリル内の高温に耐えうるでしょう。

改変されたスコップコロッケレシピ

材料


あとはスプーンですくって食べるだけ。
オリジナルは耐熱皿にて焼いており、
食卓にそのままだせるという寸法ですが、
わが家は鍋敷きの上において食べるという
アウトドアもかくやという料理に(笑)。

これはこれで大変おいしゅうございました。

反省が活かされるホイル敷

以前作ったグリルで焼いたコロッケはパン粉が飛び散って洗い場が汚れるという、
つまらない問題が生じました。
その反省を活かし、食べ終わったらホイルを包んでいらないパン粉を廃棄できるよう改善しました。
楽です、120点。

まとめ

一人暮らしでコロッケを量産して食べるより、
このスコップコロッケの形状で生産したほうが楽ですね。
小麦粉、水、卵などで溶いたバッター液もいりません。
カロリーも抑え気味でよく考えられています。

携帯電話の中にレアメタルが眠っているように、ひとの中に知恵は眠っている、
感服しました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事