わが家はフライング大掃除の真っ最中です。
家全体の掃除箇所は多く、気に留めたことを記事にまとめています。
大掃除を年末まで待ってやる必要なんてないですしね。

今回の掃除箇所は今時の家には、まったく見かけないであろう、
「しっくい」の壁の掃除です。

壁って大気中を待っているほこりやカビが湿気で付着して、
結構汚れるんですよね。

窓が開くと花粉、砂埃や雨の水滴で汚れることもありますし。
そんな過酷な環境で白い壁を維持するのは本当にきついです。

その前に「しっくい」ってなんです?

まず「しっくい」がなんなのかもわからない人もいますよね?
簡単にまとめると、セメントと同じ仕組みの水で練って固める建材です。
これは屋根仕事をしたときに水でねった白しっくいの写真です。

瓦屋根とかの家も少ないからさらに縁遠いというか。
瓦を固定するのにも使ったりするんです。ヒビ埋め補修材にも使えます。
本当に需要がない記事かもしれなくてすみません。

てかと
簡単な屋根仕事もできる便利な男です。
ただし屋根上の逆立ちはできません(笑)。

今時のモデルルームとか見ると、しっくい壁なんてない。
家のしきりや壁とかばりばり断熱材で
表層をビニールクロスで覆うんですよね。
和室だろうとこんな感じで。

手入れが楽そうな。
高温多湿な日本の気候だと昔の家は左官のひとが頑張った。
脱衣所やトイレとかね、湿度を吸って壁が傷まないようなしっくい壁がメジャーだった模様。

断熱材と二層窓など建材のテクノロジーが進歩して、
手入れが面倒で平面に塗るのに高度な技術が必要とされる、
しっくい壁が淘汰されるのも時代の必然と言えましょう。

てかと
壁だから汚れるのに掃除方法が不明という二重の苦しみ。
いまどき左官屋さんに頼んだら、いくらかかるのか・・。
さて、しっくいの掃除に入るわけですが・・・。

白いしっくいの壁なんて掃除できるのか?

そもそも論なのですが・・・ネットで検索したけど、
しっくい壁の掃除方法はでてこなかった

しっくいの壁が汚れたらお手上げって感じ。
これは塗りなおしなんだろうか、とも。

もうすたれたテクノロジーなんだろうな。
しっくい壁はもうあと1,2世代で消えてなくなるかもしれない。
畳と同じ運命な予感。

現状残っているわが家のしっくい壁は俺の掃除スキルにかかっていると言えた。

てかと
古民家しっくい壁は俺にまかせて先にいけ!
なあにすぐに追いつくさ。
中二病少年
それ絶対助からないやつだろ。
中二病少女
モデルルーム会場の入り口で待ってるわ!

と言っても俺が掃除できるのは、以下の条件を満たしたときだけ。

  1. 指が触れる箇所
  2. 木材、金属、タイル、ガラス、プラスチック材など表面が固くつるつるしたもの
  3. 布、紙でできた建材は洗えないから無理

今まで掃除した箇所で、布クロスのヤニ掃除だけはできなかった。
それ以外ならまだなんとかなる。
しっくいはやったことないけど、たぶん石壁と同じ扱いでいいんだろう。

しっくい壁の表面汚れを削り落とす

考察したところ、しっくいは砂のような建材を固めたわけだから、
どれだけ左官職人の腕がよくてもミクロン単位で表面はざらざらしてる。

ざらざらの表面に砂粒ほこりが入り込んで黒く見えるわけだから、
表面を研磨してやるしかない、と。

この作業だとはたきをかけて、きめの細かいメラミンスポンジ一択。
布巾では表面をなぞって終わりだし、たわしなんて使ったら傷だらけになる。
これしかない感じ。

必要な道具

  1. ほうきorはたきorブラシ
  2. メラミンスポンジ

掃除手順


砂ぼこりがたまってたり、黒く錆化した埃汚れの表面を
ほうきやはたきをかけてほこりを落とします。
ぞうきんやクロスは目が粗いし気休めにしかなりません。

水で濡らしたメラミンスポンジで錆化したほこり汚れを、
擦って落とします。

ここ重要細かくスポンジの砂汚れを水洗いすること。
汚れたスポンジで擦ってるとにじんで広がるだけ。


黒いしみ汚れもここまで戻すことができました。
正直、小うるさい姑でもいないと気づかないレベル。(自負)

あんまり汚れがひどい場合、上からペンキではなくて、
トロ状態のしっくいをはけで塗ったほうがいいのかな、と。
ペンキを塗ってしまうとしっくいの吸水性が失われるだろうし。

番外編:炭酸ナトリウム水溶液(重曹)は効果がなかった(当社比)

結果を先に書きますと我が家のしっくいには効果がありませんでした。

重曹をボウルに移して水に溶かし、汚れの箇所に押し当ててこすり
浮いてきた汚れをとる、という寸法なのですがまったく意味がない(笑)。

重曹がしっくいの汚れに効果があるとかもっともらしく書いてあって、
掃除をしている写真や動画がない文章だけの記事は参考にならないんだよ。

実際に炭酸ナトリウム水溶液を作りスポンジで擦り洗いすると、
壁は90度、重力にひかれて重曹が床にタレまくってきつい。

てかと
違う意味で家が汚れるんだけど!!

とにかく水溶液を90度の壁に使うと床は汚れる。
ブルーシートをしかないと作業できない上に、
しっくいの汚れは落ちないし最悪と言える。

やはりしっくいをメラミンスポンジやサンドペーパーで研磨したほうがマシ。

まとめ

これで屋内のしっくい壁の掃除もできるようになりました。
まぁ、この知識が日本人のどれほどの世帯で需要があるのか未知数なのですが。
俺は満足しましたけど。

コメント一覧
  1. mbd管理人 より:

    いいやん。
    まだしっくいなら。
    うちのばあちゃんちの壁砂壁やったわ。
    ちょっとこすっただけでなんかざらざら落ちるし。
    掃除なんてできるようにはとても思えん(´∀`*)ウフフ♡

    牛のアキレス腱、
    犬子のおやつ。
    これずっと噛み噛みして長持ちするの
    干してあるから
    元の量からしたらかなりの量になると思うんで
    多分安い(笑)

    • てかと より:

      うちには砂壁もあんぞ・・・。
      これどうしようもねぇなーとか思ってるんじゃが(汗)。
      じいさまやばあさまの家とかだと普通にあるわなこれ。昭和って感じする。
      人間にすりゃ牛のアキレスなんぞくえないよな、固くて。
      骨一本わたすよりはいいのか。

  2. 声なき声 より:

    漆喰の壁の家には住んだことがありません。
    観光で行った先の古民家で見たぐらいのものです。
    「漆喰」そのものを知らない若い人も少なくないと思われます。
    ネットで検索しても、漆喰壁のメンテナンス方法を詳述したサイトなどは求めるのが無理というものでしょう。
    そういった意味でも、貴重な記事だと思います。
     
    メラミンスポンジがここでも活躍するのですね。

    • てかと より:

      そのうち郷土に残る博物館に飾られそうです、しっくい壁。
      こんなメンテナンスしにくい建材はそうそうないです。
      これより砂壁のほうがはるかにアウトなんですが・・・。
      ともかくこれ以上、真っ白にしたかったら塗るか、しっくい剥がして壁紙をはることですね(笑)。

  3. atsu より:

    漆喰の壁とかめっちゃオシャレに思えるんですけど
    そんなことないのかな(〃゚Д゚〃)
    うちは砂壁多し!
    なので、掃除?はて?って感じです(笑)

    • てかと より:

      たぶん、昭和な家のおしゃれさはあると思うんですが、ベテラン左官職人さまさまがいないともう作れないでしょう。
      しかも、モデルルームにはしっくい壁なんて1mmもないです。
      土間ですらコンクリートだしなぁ。
      砂壁はどうやって掃除するんだろうね。

  4. まこ より:

    しっくい壁って、塗り直し一択だと思ってました。砂壁も。ちなみに父が塗ってました。意外とDIYだったんです、うち。いや、貧乏だっただけという解釈もあるんですが。
     砂壁って、こう、さわるとザラザラ落ちてくるんですよね…。
    壁に向かって逆立ちの練習なんか家でやるとよく怒られました。

    • てかと より:

      塗りなおしだとベテラン左官職人さまさまに発注するしかないわけですが、その金額は壁紙をはることの数倍の金額になるでしょう。
      そんなのやってられないですよね。
      砂壁もあるんですが、これはもう壁に触るなというメッセージを感じます。
      さわるとぼろぼろこぼれる上に表面ざらざらでほこりがおちない。
      終わってると言えます。
      詰んだ、ってかんじ。

  5. みかん より:

    漆喰の壁の掃除 検索してみました
    消しゴムでも 消せるらしい
    部屋の壁を消しゴムで 消す作業は
    かなり 超ハードな仕事のように思えた 

    • てかと より:

      譲歩して方眼紙一枚にめいっぱい字を書いて、全部消しゴムで消せと言われたら俺はまるめてゴミ箱に放り込むかなぁ。
      やってられんぞ、楽じゃない(笑)。

  6. pil より:

    しっくい壁って、一度汚れたらアウトだと思ってました。
    塗り替えたりするしかないものだと。
    うちの実家は、砂壁が多いです。
    もう10年以上前になりますけど、ある年帰省したら、
    砂壁が一新されていたんですよ!
    よりにもよって、また砂壁にしちゃったのか~と思いました。(笑)

    • てかと より:

      砂壁を綺麗にする方法って、この世にあるんだろうか・・・。
      だって、砂なんだよ。
      いやもう、理解に苦しむというか。
      高温多湿の日本の知恵なんだろうけど・・・、保守性とかまるで考えてないよね。
      もう一度砂壁にするチャレンジとかちょっとないわー、って思えますね(笑)。

  7. てかとさん こんばんは~♪

    うちの和室の壁も砂壁でしたよ。
    掃除のしようもないし、粒子がボロボロ落ちてくるので・・・
    仕方なく、和柄の合板を貼っちゃいましたw
    風情はないけど、手入れは楽になりました(^^♪

    • てかと より:

      砂をぜんぶ落として和室にあう壁紙にするのが一番楽そうですね。
      板でもふけるから全然いい。
      砂は拭きようがないし。これはもう終わってるとしか。

  8. メラミンスポンジが神ということで
    いいんでしょうか(笑)。
    うちには漆喰の壁がないからわからないけど
    壁って汚れるとやっかいですよね(;^ω^)

    • てかと より:

      結局、昭和の建築はいいところをあげればいっぱいあるんだろうけど。
      これはもう掃除させる気はないって思えるところもいっぱいある件。

  9. はる より:

    こんばんは(^^♪

    漆喰の壁、あまり見たことがないかも。
    汚れを落とすのは大変そうですね。
    ここでもメラミンのスポンジが活躍しているんですね。

    最近、目の細かい(#100以下)の耐水性サンドペーパーに
    ハマっているのですが、漆喰に使うのはムリでしょうね。

    • てかと より:

      北海道では完全に珍しいカテゴリになるのかな。
      目が細かいサンドペーパーなら綺麗になると思います。
      うちでは試してないんで・・・ようしらんですけど。
      メラミンスポンジって超目の細かいヤスリと同じなんで。

コメントを残す

DIY, 掃除の関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事