貯金ゼロからはじまるリタイアへの道は太くて短い!

セミリタイア、早期退職、アーリーリタイアの心構えについて、
筆者の考え方を述べていきます。

手段のひとつとして、まとまったお金が必要です!!
善性とか奉仕とか人類愛とか綺麗ごとはあとでいい!
クズとかカスとか言われようが、これが資本主義経済の現実。

あなたがどれだけ類まれな才能をもち、
明晰な頭脳、常人離れしたルックス
他の追随を許さない才覚があっても、
暮らしていくには元手のお金がいるんです。

それも表街道を歩いて堂々と暮らしていける、
綺麗なお金が必要なんです。
犯罪、ギャンブル、借金など論外、誰からも尊敬されません。

てかと
この世に金の生る木、なんてないしな。
新たな貴金属「金」を作るには新星爆発級のエネルギーがいるそうです。
地球では作れません。

つまり、ロールプレイゲームでレベル上げするように、
社会にでて自ら経験とお金を稼いでこないといけません。
自分の命と時間を引き換えにお金を得る、尊い行為です。

筆者もIT業界に勤めて悲喜こもごものさんざんな目にあいました。
今風に言うとデスマーチです、だが、後悔はしていない・・・。
お金を貯め、世の中に貢献した、なしとげた感すらある。

参考までにみなさんの家にある家庭用ゲーム機プレイステーション、
そこに筆者の技術が生きています(笑)。

一般家庭に生まれたら、まっとうな手段は労働しかない。
親の小遣で会社の株式をもらえるどこぞの御曹司とは違うんです。

目的達成のため、あえてあきらめて社畜となるのです!

谷あり山あり、苦あれば楽あり。

学生期間を通じて、いろんな経験を積んできたのは、
この日のためにあったといっても過言ではありません。

早期リタイアするために知識、知恵、体力、コミュニケーションを身に着けて、
この暗黒無明の人間世界を強くなって生き抜くのです!
学生なんてそのための準備期間でしかない。

てかと
男子、門をいずれば七人の敵あり。
油断もすきもない社会が待つ。

でも、この苦行には終わりがあると思えば乗り切れましょう。
最初は「何千万、何億円貯める」とか途方もないことを
考える必要はありません。押しつぶされるだけです。
これが冒頭で述べた「楽観論」です。絶対必要です。

会社辞めて遊んで暮らせるわけないよな、からの!

あなたが会社で仕事にヒーヒー言っている間に、
レトロゲームしながらみかんをむさぼっている筆者がいる。
それも文句も言えない完全無欠な状態で。
給付金や生活保護などをもらっているわけでもないし。

この時点で考え方についていけない、と思うならば、
公僕になって社会の奉仕者となり定年まで働き、
老後はたんまりもらえる予定の年金で暮らすといい。

てかと
筆者は公務員とか性格的に無理でした。
全知全能、全力全開、一撃クリティカルを狙うタイプなので。

誰からも理解されやすいし、人なみの幸せもつかめて
なにより気が楽です。

まとめ

セミリタイアを目指すといっても、最初の選択肢は「働く」を
選ぶしかありません。
それも自分が本当にやりたい仕事を選びます。
一攫千金なんて夢をみないで堅実に労働して、
収入を貯めこみました。
これが確実です。

ではまた次回。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事