退職後、飲み代はどのくらいかかるの?

セミリタイア、早期退職、アーリーリタイアの心構えについて、
筆者の考え方を述べていく13回目です。

今回は退職後の飲み代です。
毎月の食費、光熱費、雑費のほかに遊興費として
計上するもので、リタイア後にどれだけのお金がかかるかを
大きく左右します。

筆者はお酒をよく飲んだほうです。
新人会社員時代は酒のつきあいはお断りしてたんですが、
役職があがって部下がつくとどうしてもつながりが・・・。
過去の健康診断の記録をとってあるのですが、
30歳の血糖値の値はAST,ALT30いかない数値でした。

てかと
これが若さか・・・。

飲む理由は熟睡したいとかストレスの解消のためにです。
人なみな理由ですね。

でも、今は一滴も飲まずに済むようになりました。

それはなぜなのか?
少々おつきあいください。

退職したらストレスなどない。

ずばり、結論に入りますと・・・
セミリタイア、アーリーリタイアには仕事のストレスが無いのです。

仕事を辞めたら、これだけのものから解放されます。

  1. 通勤
  2. 上司・同僚・部下・客先とのつきあい
  3. 過密なスケジュール
  4. 仕事のノルマ
  5. 自分の時間がないストレス

どうですか?
これだけの項目にかかった時間や費用が!
あなたの人生から奪われていたものです!

ピックアップしてみましょう。

1.通勤しなくていい

早朝、日の出前に朝食をすませて、
電車に飛び乗り雨の日も雪の日もゆられて、
人込みにおしつぶされる必要はなくなります。
邪悪な意志で引き起こされる痴漢冤罪もあるから
疲れていても油断できなかった・・・。

マイカー通勤のひとも通勤しなくていいんですよ。
イメージしてください。

無警戒に飛び出してくる無軌道な児童、
道路を走行する自転車通学者におびえなくていい。
場合によっては野良猫、シカ、イノシシ、サルなどの動物がボンネットに
直撃する危険。

それらから解放され遅刻におびえなくていいのです。

すばらしい・・・!
すばらしすぎる・・・!
だれもが通勤によって排気ガスを噴出しなくなれば、
大気汚染もおこらない!
(かもしれない)

2.仕事関係の人付き合いがなくなる

これがどういうことなのか、おわかりいただけただろうか?

そう、上司に仕事の遅延確認をされることもなくなり、
仕事に失敗した同僚から愚痴を聞かされることもなくなり、
まいってしまった部下の心のケアと称する飲み会をせずに済む・・・。
客先の理不尽な要求にひきつった笑顔を浮かべずに済むのです。

なにこれ楽園じゃないか!
エデンはこんなところにあったのか!(誇張表現)

3.過密スケジュールから解放

あなたを縛り付けていた仕事の納期がなくなります。
家の予定があっても、この日までに仕事があるから休めない・・・。
こんな苦悩まみれの人生から解放されます。

本当にやりたかったことに人生をささげられる喜び。
プライスレス。

4.仕事のノルマからの解法

今日はこの仕事をこなさないと・・・。

そんな詰みあがった仕事のノルマはすべてゼロリセット。
責任から胃に穴が開くこともなく、毛が抜けることもない。
あなたに安寧が訪れましょう!

5.自分の時間がフルチャージされる

朝も早くから通勤電車に乗り、仕事に追われて終電で帰宅・・・。
そんな、疲れ切った体で休日に家でなるのは休日出勤要請の電話連絡。
こんな社畜に誰がした!!

そんな、苦悩の歴史からあなたは開放されます。
フリーダム・・・!

あれ?もう飲み代いらなくね?

会社に辞表を出したその瞬間から、
気持ちは雲一つない晴天のように輝きだす。

筆者もデスマーチという多聞に漏れず辛酸をなめつくしました。

朝起きても仕事のストレスで、ううえっとえづくこともない。
心労で喀血することもない。
満員電車に乗ることもない。
仕事先の人間関係もゼロリセットされ、
人間関係は整理されてもう会うこともまったくない。
仕事のスケジュールもノルマもあなたの人生からなくなり、
自分の本当にやりたかったことにだけ時間が使える・・・。

そんな、輝きだした未来が待つあなたの人生に、
酒で憂さを晴らす必要なんてあるのでしょうか?
いいえ、ありません。

実際、筆者もまったく飲まなくなりました。
ここ重要百薬の長とかいいますが、
薬というなら病人が飲むものですよ。
健康なひとには、薬は不要です。

二日酔いで脳細胞を大量虐殺することもないですし。
飲み代がかからないから、お金にも余裕ができますしね。
いいことずくめですよ。

まとめ

リタイア後は仕事のストレスがなくなるのだから、
酒は必要なくなった。
つまり、リタイア後に必要なお金から項目を抹消できます。
そのお金で肉でも魚でも食べればよいのです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事