ソーシャルレンディングで不動産に投資する方法もある。

セミリタイア、早期退職、アーリーリタイアの心構えについて、
筆者の考え方を述べていく16回目です。

前回説明した不動産を買うのは一生もので決断がいります。

見えないリスクにおびえて震えて生きていくものも多いなか、
今回は不動産に投資するいくつかの方法から、
ソーシャルレンディングを紹介します。

なお筆者はソーシャルレンディングで確実にもうかるとか、
無責任なことはいいません。自己責任でお願いします。

貯蓄して住処である不動産を購入するのは人生一大のイベント。

てかと
おのれの城には違いないしな。

筆者はお金に対しては数値だな、としか思ってません。
状況次第で紙屑になることもありますし。

不動産はただそこにあるもの。
インフレになろうがそこにある。
無形の金よりは安全資産と言えましょう。

株式にお金を投じると狼狽売りのリスクがあっていやなんです。
どれだけ有望な会社でも筆者のようなびびりには持っていられない。

今回は筆者の考える不動産のお話第二弾です。
参考になるとよいのですが。

5万円なら?不動産事業への投資。

銀行の円預金がゼロ金利になって20有余年。
何年銀行に預けようがお金は増えません。

てかと
いまの若い世代は本当に厳しい。
7%とかの預金金利にしてくれと。

賢明なあなたもおわかりのように、
ゼロにいくらかけてもゼロです。
こんなことは小学生で学ぶことわり。

こんなご時世に自分一人の力で蓄財し、不動産を買うのは試練です。
アイスや菓子を買うのとはわけが違うのです。

そんな中で株式のように市場の狼狽売りのない投資もあります。
ソーシャルレンディングです。

  1. 不動産のディベロッパー事業に投資する
  2. 不動産のバイヤー事業に投資する

不動産に投資して、出資金に対して毎月利息という名の
分配金を得る方法です。

金利は6.5~7%ほどにもなりまして、
だいたい5万円投資で源泉徴収され毎月250円ほど。

世の中は二つしかない。
金を借りる側と金を貸して利息をとる側です。
取る側に回らなければいつまでたっても負け犬。

いまどきはネット銀行に100万円預けて一年すると利子1500円程度。
スズメの涙すぎて、泣きたいのはこちらです。

このようにお金を増やす方法も調べればいろいろあります。
興味がわいたら自分で調べてみるとよろしいかと。

重ねていいますが・・・。
筆者はセミリタイアや投資をあなたに薦めるものではなくて、
考え方を紹介するだけです。

まとめ

投資先のひとつとして少額から不動産事業に投資する方法もあります。
株式や為替と違い比較的、手堅い投資先といえるでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事