ファンを用いた換気扇や古い照明器具のシールドを固定する
スピンドル、スピンナーが固くて回らない場合の対処です。

いまどきの照明器具には、ねじ支柱にスピンドルで固定するタイプは
珍しくなったとは思いますが・・・。

潤滑油をスプレーする

金属支柱にプラスチックのスピンナーがついている換気扇タイプ。
この形状のスピンナーが固くなって外れなくなった場合は、
潤滑油を噴霧して支柱から取り外せるようにする方法が有効です。

てかと
浴室換気扇の掃除は3~6か月に一度行うので、
まったく掃除をしない家でしか役に立たない知識かも。

金属のスピンナーでパッキンのもの

この製品のタイプで外れなくなると厄介です。
この場合は力押しはあきらめて、ドライヤーで温風を2分ほどあてます。

熱膨張でガラスとスピンナーの体積がふくらみますので、
固くなってしまったスピンナーの右回しが可能になります。

てかと
中学で学んだことが役に立った瞬間であった。
仁王阿形
力こそパワーもよろしく。

まとめ

今時はスピンナーを使った固定方法をとる照明器具はレアかもしれません。
将来ふたたび同じトラブルができたときのメモ代わりに記事にしておきます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事