冷凍保存容器につめて完成です。冷凍しましょう。

甘くておいしい皮ごと食べられる栄養豊富な緑黄色野菜かぼちゃ。おからを足して冷凍可能にしたかぼちゃおからサラダレシピです。
暑い季節はデザート代わりにどうぞ。

かかりつけ医も薦める大自然の甘味、かぼちゃは許された。

まずダイエットの定番、大前提としてわたしからアドバイスです。
かぼちゃ、栄養価がとても高くビタミン類が豊富に摂れる緑黄色野菜のひとつ。
かぼちゃに栄養価で勝てる野菜はモロヘイヤなど一握りの存在と言えましょう。
『冬至にかぼちゃを食べれば風邪をひかない』などと言われるスーパーフードのひとつです。
ちなみにわたしは非アルコール性脂肪肝で内科に通院しております。
ええ、誰にだって弱点や欠点はあるものなのです、ええ。
そのかかりつけ医曰く、
「かぼちゃやさつまいもなどの野菜の甘味は、上白糖などの加工された糖を使う調理より体に良い。」
「菓子は一切やめてください。」
というアドバイスをいただいています。
かつては甘い菓子が好きだったのでかぼちゃはセーフと聞いて救われた心地です。
今では数少ない貴重な甘味のひとつとなっております。
そのかわり、古今東西ありとあらゆる菓子はすべて封印することになりました。
無頓着なわたしも菓子を食べると脂肪肝から肝硬変、糖尿、果ては肝臓がんまで進むと指摘されては辞めざるを得なかったのです。
誰だっていつか死ぬわけですが、「てかと、菓子食べ過ぎてここに永眠す」とか墓石に刻まれたくなかったのです(笑)。

かぼちゃを冷凍して保管したらびしゃびしゃになる件

本題に戻ります。
当たり前の話なのですが、繊維質に水分多めに含んだかぼちゃが解凍時に水分が保持できずびしゃびしゃになるのは予想がつくと思います。
そこでひと玉や1/2カットサイズのかぼちゃを入手した場合に、どうにかして冷凍する保存方法を模索しました。
かぼちゃをマッシュするとこれ以上崩れない、というところまではよかったので、さらにおからを加えました。
繊維質の塊でしかないおからはかぼちゃの水分をほどよく吸い込みその形状を維持しようとします。

豆腐をつくるときにでる豆乳のしぼりかす、栄養は豊富。

冷凍室から取り出すとバニラアイスクリームのような舌ざわりの料理になるのが特徴です。
アイスを買って食べることを禁じられはしましたが、似たようなものを作ることには成功したのです。
糖類を加えられないのでおいしさはそれほどでもないことが唯一の弱点です。
健康な方は砂糖や塩コショウを適宜いれることで至上の旨味ができあがることでしょう。(嫉妬)

ここに注目俺楽かぼちゃおからサラダのレシピ。

きっかけ

菓子を封印する代わりにかぼちゃの糖質を利用した有情な料理を作ろうと決意した果てに誕生した奇跡のサラダ。
冷凍可能。冷やしても温めてなおしてもおいしい。隙を生じぬ二段構え。

材料

  1. かぼちゃ 1/2カット
  2. おから 一袋(300~400グラム)
  3. だしの素 4グラム(小袋1)
  4. しいたけ 4,5枚
  5. ひじき 大匙1
  6. シーチキン 一缶
  7. マヨネーズ 適量

作り方

一口大にカットして蒸します。

詳細を見る

かぼちゃのわたと種を取り除き、一口大にカットして10分ほど蒸し器や圧力鍋で加熱します。
電子レンジならば600Wで5分ほど加熱してみてください。
かぼちゃが加熱しても固い場合は追加で一分ずつ繰り返し電子レンジで加熱するなど別途対応をおすすめします。

鍋に具材をすべていれてマッシャーでつぶしまぜていきます。

詳細を見る

蒸しあがったかぼちゃ、おから、だしの素、スライスしたしいたけ、シーチキン、水戻ししたひじきにつなぎとしてマヨネーズをいれてマッシャーでつぶしていきます。
割と力のいる作業です。

すべての具材が混ざった状態です。

具材が混ざるとシャーベットアイスのような見た目の塊になります。
ここに注目必ずこの手順で味見をしてください。
健康な人には甘さ、辛さなどが物足りないと思います。適量で塩コショウや糖類調味料を使うのをお薦めします。

冷凍保存容器につめて完成です。冷凍しましょう。

詳細を見る
冷凍保存容器に移して冷凍します。
写真はごはん一膳の冷凍保存容器を使用しています。

おいしくなるコツ

ダイエット食として作ったものなので旨味成分が足りません。だし、しいたけ、ひじき、ツナ缶をいれて旨味を足してはいるのですが物足りないです。
しいたけやひじきが食べられないひとは、好きな具材をいれて自分好みにカスタマイズしてください。
健康な人は適宜、塩コショウや糖類調味料を使って好みの味に仕上げるといいでしょう。
解凍するとシャーベットアイスのような冷たさをまとったデザート代わりになります。
電子レンジで温めなおしてもおいしいです。

まとめ

ダイエット食の一つとして完成させたサラダです。一度に1/2カットのかぼちゃを食べるのは一人暮らしには厳しい。
かといって糖を加えずに長期保存させるのは事実不可能だったので食べる分を適量解凍させることに成功しました。
ダイエット中は糖類を摂取するのを控えたいひとにおすすめ、健康な人は味付けで好みに調整されるとよいでしょう。

今日も読んでくれてありがとうございました。

では、みなさん、今日も元気にお過ごし下さい!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事