収穫した柚子で柚子湯にはいってみようか

収穫してきた庭の柚子。
薫りよく、食べてよしの万能フルーツです。

話の発端となりますが、現在、この柚子を1年保存させられる
柚子味噌の調理を行っています。
柚子の香、酸味に味噌のうまみと糖の甘味がまじり、
焼きおにぎりなど最高の味わいです。(ごくり)

そして、わが家の柚子味噌では分厚い外側は使いません。
無農薬で皮も食べられるのですが、今回は趣向を変えて
お風呂に柚子皮だけ放り込んでみました

柚子の効果でわかっているもの

柚子にはひとの血管を拡張して血行をよくし、
風邪予防、冷え性、腰痛、肩こりなどに効果が
あることが科学的に知られています。
既知の情報ですね。

てかと
冬は血管収縮して血圧上がるんだっけ。
柚子最高じゃろ・・・。

なお市販のゆずの入浴剤が同様の成分をもつのかまでは、
成分表示を見てみないと何も言えないが、
本物の柚子を使えば効果は絶対でありましょう・・・。

柚子湯の定番

なお柚子を輪切りにして5,6個浮かべるのが定番のようですが、
種は湯舟に落ちるし、掃除が面倒だからまるごと

ぼちゃぼちゃ湯舟に放り込むスタイルをとる家のほうが
多いんですかね。潰したほうが効果あるだろうけど。

てかと
浴室掃除をするのが俺じゃなければやるんだが・・・。
脳内嫁
く、クズい・・・。カスだわ・・・。

皮だけ使ってみるけどどうなるか

今回は実の部分は柚子味噌、種は化粧品として使い、
皮は風呂にいれて入浴剤としたわけです。

すると、湯を貼って数分もすると次第に色が変化し、
にごった葛湯のような色になりました。
薫りもすさまじいことに。

うまくは言えないのですが、入浴していると、
アンデッドモンスターが聖水を浴びたような
ピリピリ感が全身を刺激してきます。

中二病少年
迷える魂よ眠るがいい・・・ターンアンデッド!
てかと
そう、そんな感じ。
こうかはばつぐんだ。
いろんな意味でイタイ。

皮をつまんで肌をこすってみると、ペクチン皮質の発するぬめりと
薫りに包まれてわりと幸せなのですが、これはおそらく
限度を超えているのだな、と。

脳内医師
用法要領を守って正しくお使いください。
小さく書いてあります。
てかと
大きく書こうよ。
5,6個で家庭用のバスタブなら十分か。

柚子の果汁と種が入っていれば、もっとすさまじいことになっていたでしょう。
柚子には血行をよくする成分があるのはたしかなので、
アレルギーなどなければ、抹消部分の冷えを改善することもできましょう。

冷えや腰痛、かたこりで苦しむ方は、
冬至と言わず毎日柚子湯にでも入ればいいですかね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事