2019年の目標を達成するべく、水面下でちまちま投資対象の
厳選をやっております。

資産運用もFIREのたしなみと言いますか。

4日からあーでもないこーでもないと証券会社のランキング、グラフ、
目論見書、月次レポートなどを見つめてます。

てかと
漫画とか小説読んでいたいのですが、さすがにここで手を抜くわけにもいかず。

トータルリターン上位の投資ファンドの目論見書見てみるとわかるんですが、
組み込まれている銘柄ってファンドごとにたいして差はないんですよね。
この銘柄こっちのファンドでも見たぞ、いやどれも同じじゃないか・・・、と。
組み入れた比率、割合が微妙に違うくらいなんです。
プラスαでモーニングスターなどの★でレート評価がつくとか、
分配金がすごいとかで人気のファンドが決まってくる感じ。

そんなわけで日経平均など株式指数や東証リート指数のように同じような値動きで
価格が動くんだなーと。
そりゃそうですよね。組み入れた銘柄が指数の計算枠に入っているんだし。

あとは配当金をもうけた分から出し過ぎずに基準価格が壮大に減少することなく、
余裕みて富の再分配してくれればとくに問題もないんですけど。

ひとまず、NISAのほうは一週間くらいの選出作業で済んだけど、
プロがやったら15分で終わったんじゃないかな、と思うとひどくむなしい(笑)。
だから時は金なり、っていう。

てかと
次に検討作業やったら早いに違いない!
使ってない脳を使って手続き記憶とか意味記憶とか焼いてみた。

みなさんにも今年の目標があるなら達成できるようにお祈りします。
親類に聞かされるのですが年をとったら体は思うように動かないそうです。
人間族はせいぜい生きて100年、一生は短い。
やるなら今のうちしかないのです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事