第二土曜日は地元の地方公設卸売市場で一般開放の朝市が開かれます。

仲卸で直接青果や鮮魚を購入できるので、小売店で買うより安く買えます。

ただ、今時は寒いのでお客さんも少ないんですね。


乾物屋さんで鰹節一分間削りチャレンジしてるとき、
そんなことを話してました。

まぁ、ひとのやらないことをやる、
ひとの考えもしないことを考えるから、
抜きんでて成功も失敗もするわけで・・・。

そこに早期退職者と生涯現役のひととの差が生まれるということ。
行動するひと、しないひとの間には見えないメキシコの壁が立ってるから仕方ない。
困難を超えることはひとによって苦痛であり甘美でもある。

そんなことはどうでもいいとして、今回の朝市の買い出しはこんな感じ。
価格は税抜きで。

  1. バチマグロのぶつ切り2kg 500円
  2. さんま開き5枚 300円
  3. うなぎ端材1kg 1000円
  4. 鶏モモ精肉4kg 1400円
  5. ミニとんかつ20枚 400円

こんなところです。
気になったのは鶏モモの精肉。
1割値上げされると聞いて4kgも鶏モモを買って重かったです。

青果でキウイの箱売り600円ってのを見た時に、鈍器でガーンと殴られたような
衝撃が走りましたが・・・。
うちでもキウイは作ってるんだよなあ。

ネタが被っていて買わなかったけど、あれはお得でした。
小売店の特売で5個300円くらいがいいところだからな。

まぁ、このように今月も節約は進みました。
もう2月頭まで精肉と鮮魚は買わなくていいので、超楽です。
しかも、毎日うなぎとマグロが食えるような夢の食卓で。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事