冷蔵庫ついに壊れる

形あるものいつかは壊れるさだめ・・・。
わが家の冷凍冷蔵庫、富士通ゼロックス製2003年が、
故障のエラーコードを頻発するようになりました。

さすがに高品質で知られる日本メーカーの品物でも24時間15年も使うと、
壊れるのはしょうがないでしょう。

いまどきの冷蔵庫はスゴイけど高い

それで購入前に近所の家電量販店で最新の冷蔵庫の性能や価格帯を調べてきました。
いまどきは一般世帯用の冷蔵庫でも業務用みたいな高性能、高品質で5ドア、
というモンスター級の装備をそろえた品物が
30万円相当
で売られているんですね!買いませんけど。

タッチパネル式でレシピがでてきたり、牛乳がないぞ買ってこいとかでてきて
びっくりしました。

でも独身だし凄くなくていい、安いのでいい

一人暮らしで運用していたのに3~4人用の大きなサイズで、
特筆すべきは冷凍室が99リットルもあったことです。
数名で暮らしていたときは重宝していたのですが、こんなに大きなサイズを
独身世帯の男は必要としていないといいますか。

てかと
対象人数が少ないのだから分相応の装備を使うのがよいかな。
5ドアとか需要ないし。
勇者
魔剣や聖剣を必要とするのは勇者だけだ。
ザコにはショートソードやこんぼうでも使え。

今回、SHARP製2018年の製品に置き換えました。


無論、2003年の製品と2018年の製品では、
冷凍冷蔵庫の基礎技術は同じでも技術世代が違いすぎるため、
冷却効果や節電効率が違います。
光熱費を抑えてうちの家計支出を減らしてくれることを期待します。
サイズも1~2人用の270リットル程度の小さなものにしましたが、
冷凍室だけは前より大きな101リットルにしました。

わが家が求める冷蔵庫のニーズは冷凍室のサイズ


市場で精肉や鮮魚を大量に買い付ける我が家の暮らしには、
必要不可欠なサイズなのです。
普通にスーパーで鮮魚や精肉を買ったらエンゲル係数が爆増します。
こういう地道な努力を支えるのが冷凍室に課せられた使命。

コンセプトは冷凍室は大きく、冷蔵室はほどほどでいい。

ランニングコストはおいくら?

ランニングコスト的にはどうかと。
家電リサイクル券の代金と消費税をあわせても10年使えば
一日当たり17円になります。このくらい使えれば十分です。

脳内主婦
一日17円・・・こう考えると気持ち的に楽になるわね。

ちいさな問題点としては・・・

細かいところを言うと冷凍室、冷蔵室内の温度がわからないので、
別売で温度計がほしいところですね。
新しいモデルは冷凍冷蔵庫として必要な機能を盛り込んだだけの
最低限の機能しかないため異常がまったくわからないから困る。
温度感知は毎日開け閉めする人間が目視でやればいい。

値段も手ごろでこれで十分なのであります!

必要以上の過分なしろものを買うのは金持ちだけ
独身者の使う冷凍冷蔵庫なんて小さいサイズで十分で、30万円もするものはいらないです。
一人暮らしでも金が余っていて使い道がない金持ちが買えばいいと俺は思います。
なんでもそうだけど、分不相応な力は身を亡ぼすというしな。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事