この冷蔵庫を10年もたせてやろう計画始動

突然ですがみなさんは冷蔵庫の裏側をこまめに掃除しているほうでしょうか?
いまどきのモデルルーム見ると冷蔵庫は美しいシステムキッチンの一部と化してて、
計ったように収納スペースに綺麗におさまっているため、
裏側ってどこ?月の裏側?という感じかもしれないのですが・・・。

掃除をやりやすいように設置してみよう。

冷蔵庫まわりが恥ずかしい話ですが結構汚れてましてね。
先日、冷蔵庫を新品に入れ替えたのです。

配置の問題で裏側にはたきをかけられないほど狭くしてあり、
掃除が行き届かない不具合が15年もの間続いてました。
かろうじて掃除機のノズルだけはいれられたのでほこりゴミがたまるのだけは、
防いでいたというありさまで。
移動用のキャスターがあるわけじゃないので100kgを超える冷蔵庫を、
どこにでもいる成人男性一名の力で動かすのは試練です。
脳内軍師
てこの原理を使って、ぐいっとやってはいかがでしょう。
てかと
傾けるのがせいいっぱい。
へたするとふたが開いて中身をぶちまけたあげく、
俺がつぶれちゃいますよ軍師。

へたするとぐぎっと腰をやりかねません。

15年かけて汚した壁は大変面倒なことになりました

そんなつまらない話で恐縮至極なのですが、冷蔵庫の下と裏側の壁が結構、
誇りまみれで汚れてましてね。
(※写真はお目汚しなので自重しました。)
わが家の冷蔵庫の裏側というのは放熱板などの排熱機構があるのに、
壁とのすきまが狭いせいで湿気がこもり、細かいほこりが壁とかに付着して黒かったんです。
まいりましたよ。
壁紙を漂白剤で洗うはめになりました。

脳内姑
てかとさん、ここ汚れているわよ。
てかと
もはやBOTみたいなセリフを返すな、姑さん。
この掃除方法、結構手間なので代わってほしい。

 

今度は大丈夫!

こんなところ掃除しにくいし、普段見えないものだから手を抜きがちなんです。
一生の不覚と言えましょう。

今回はその15年の反省を活かして、すこし広めに隙間を作って設置してもらいました。
手が入るくらいありますので、はたきをいれてパタパタ掃除がやれます

閑話休題

話はそれるのですが、家電の設置にきた電気店の協力会社のひとたち二名。
世間は3連休だというのに配達にきたんです。
指定したのはもちろん わたし だ。

中二病少年
カスだ・・・。
中二病少女
クズだわ・・・。
政治家
遺憾だ!
てかと
くっころ!

いやでもね、配達は急がないですから、と売り場のひとに言ったのに、
この日付から配達できます、と言って見せてきたカレンダーが3連休の三日間。
鬼だ・・・とか思ったのは内緒です。
話は本題に戻りますね。

壁とのすきまを広くとってもらうことに。

せめて、コンセントの抜き差しやはたきをかけたり、掃除機のノズルが入って動かせる
レベルまでは開けて設置してもらったところ、壁の裏側にも漂白剤を使った洗浄ができる
程度には改善しました。
ちなみに床を拭いている間、数分だけは待ってもらったのですが、
さすがに壁の洗浄は2~3時間かかるためあとまわしにしたのです。

冷蔵庫は新品だから今の内は綺麗なものですが、この状態をあと10年は維持したいと
考えておりましてね。
外装の拭き掃除だけでなく裏側、床下、こまかく掃除できるように今の内から、
まめに掃除する所存です。

家電を故障せずに長くもたせるなら、大事にして綺麗に使う。
そのくらいしかないですよねぇ。
女性がいればね、綺麗に使ってもらえるでしょうけど、うちは男ぼっち世帯だから。
女性の視点を模倣して男性の豪快さをあわせて掃除をするほかないのです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事