問題でたらすぐ対処、見敵必殺だ。

楽して怠惰に生きることに情熱を見出そうと知恵を絞ってあがくみなさん、
また新しい一週間をよろしくお願いします。
大寒というくらいだから超寒いスタートになりそうです。

さて、前回はランニングコストを見直して、無趣味で質素な
40代独身男性が家から一歩もでずに引きこもって財布を開かなくても、
6000円毎月かかっているようだ、という計算をだしました。

これは食費や光熱費を除いてでてきた金額です。
もしかすると気づいてないだけで、もっと金食い虫かもしれません。
わりと安い男だという自負はあるんですが。
てかと
ギャンブルもソシャゲも夜遊びもしない超健全な大賢者目指してるよ。
最近は漫画買っただけ。
脳内嫁
なんてつまらない男なの・・・。
とにかく、今まで気にしてなかった金額が6000円、
ポンと現れたわけでしてね。
なんとかしようかなー、と。(軽々に)

割と少額だから投資でなんとかなりそう。

この程度の金額ならば、倍の1万2千円までかかったとみても問題はなさげ。
と言ってもこの軟弱を極めしもの、使いたいのは頭脳だけしかないこのわたくし様が
人なみに労働して対価に給与を得るなど考えたくもない。

ひとに歴史あり。


デスマーチは若いときに十分こなした。
社会に出れば残念なことに頭の悪いやつも多いが、
職場の同僚、上司に至るまで世間は知恵者が存外多くて苦労するんです。
そしていまどきの若者は天才・鬼才の宝庫だったりする。
そういう麒麟児のような部下もいてだいぶ楽だったし、
そう時もかからず彼らも無頼の巷で駆け引きを覚えて無双するようになる。
あとは才覚あふるる若いやつらに任せて、わたしは早期退職、隠遁生活します。

ざっくり方法は2つ。

というわけで、本題に戻りましょう。
安易な方法として投資で回収します。

今、手元にある選択肢で実現可能なのがトータルリターンを重視したNISA
それとソーシャルレンディングです。

6000円を生み出すならば、6.5%程度のソシャレンで120万円。
NISAで投資ファンドなら月の分配金が100円程度の銘柄で60万円。

ざっくり計算するとこのくらいと見ました。
せいぜい中古の車を買うような金額で済みますね。
この方法であれば過去実績があるので、うちとしては問題ない。

さぁ、次の問題を探す作業に戻るとしますか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事