毎月第二土曜日は地元で朝市の日。

朝から小雪がぱらつく寒い冬の日、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
茨城県水戸の地方卸売市場では、朝市が行われている日がやってきました。
とにかく、寒い。

幸いなことに雪は積もってないし、道路は濡れている程度。
自転車で往来を移動する社会人の姿が見えたので、
彼らにできるなら、わたしもできる、同じ人間だ。
早速、朝市へ買い出しに行ってきました。

土曜の雪の予報を察して木曜日に買い出しはしてきたのですが、
一番欲しかったまぐろとうなぎの特売品が見つからず、
断念したんですよね。

今回はなんとしても鮮魚、まぐろやうなぎがほしかったのです。
その決意の前には雪の寒さも行動力の前にはむなしい抵抗。
ただし寒さも相まって、買い物客の姿はまばらでした。
当然ですよ、すごい寒いですし。
わかります。(明察)
那珂川の端の上、歩道なんて雪もうっすら残ってたし。

鮮魚をいっぱい買ってきました!

艱難辛苦とまでは言いませんが、苦労したなかで今回買い物してきたリストはこちら。

  1. 天然ばちまぐろのぶつ 3.5kg 1000円
  2. うなぎの端材 1kg 1000円
  3. あじの開き 10枚 300円
  4. かぼちゃ ひと玉1kg相当 50円 

だいたい総量5kgほどです。このくらいが自転車による運搬の限界値。
あじが安かったな、一枚30円とかガリガリ君みたいな値段であります。
苦労してとってきた漁師に感謝を。
かぼちゃは二日前にも買ったのですが、
さすがに50円は買わざるを得なかったです。
何を作ろうか・・・。

てかと
かぼちゃ50円のやつ、ひとつください。
レジ店員
キズがあるんですよ。それで安くしてあります。
スープがおすすめ。
てかと
キズとか胃腸は気にしないよ。ありがとう。

天下御免の向こう傷、気にしない!

まぁ、野菜にキズがあろうが曲がっていようが問題ないです。
赤坂の料亭や銀座の一流店にくる羽振りのよい客に出すわけじゃないからね。
蒸してポン酢かけて食べるだけの食材に高値出す必要などあるのでしょうか?

いいえ、ありませんとも。

そもそも、筆者にだって無数のキズはあるものです。
子供のころは、あちこち転んでケガもするし、
大人になっても剣道の稽古であちこちケガもしたし。

キズを持つものが他人のキズにだけ、いちいち文句を付けたりするのは、
お門違いというものでしょう。己を知ればおこがましい行為とすら。
そういえば世間を騒がせている辻本清美さん(立民)の外国人献金の件。

他人には激しく詰め寄るくせに自分には駄々甘なんですね、とかネットでぼろぼろに言われてるそうだ。
さすがに2月ともなると世間の風も冷たい模様。
梅もまだまだ見ごろには早いですね。

そんなわたくしも野菜のキズくらいどうってことないです。
そんなことよりフードロス、こいつだけは許せない。
金儲けも大事かもしれないが、もっと食べ物を大事にしてほしい。
寒い中、買ってきたまぐろや肉、決して粗末には食わんぞと誓うのでした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事