またこんなに買ってきて・・・とお悩みのあなたへ

食材のまとめ買いや特売の商品に目がないみなさん、こんにちは!
週末こたつでみかんを食べながらお茶でも飲んで、
のんびり過ごせばいいのにわざわざ活字を読みに来るブログ好きの
みなさんから寄せられた質問にお答えしましょう。

そんなに大量の肉や鮮魚を買ってきて冷蔵庫にきちんと入ったの?
大丈夫、マイフレンド。HAHAHA!

水戸公設地方卸売市場に足しげく買い物に行ってるけど、
無事に冷蔵庫に入ったの?と聞かれたので。

我が家は男の一人暮らし。
その1~2人用冷蔵庫はとにかく冷凍室が大きい仕様です。
その冷凍室サイズ、容量はなんと101リットル。(擬音:バーン)

逆に冷蔵室は並サイズ。これで十分、多い日も安心(食材が、という意味で)。
鮮魚や肉の10kgくらいどうということはありません。
納得いただけたでしょうか。

身の丈にあわない道具はよろしくないね

道具は本人にあったもの、用途で選ばないといけないな、と。
例えばですよ。

片手剣の達人に両手持ち斬馬刀を与えても意味ないのと同じ。
鍛錬で伸ばしたスキル武器と違うものを与えても、
命中率が下がって技が使えなくなり弱体化するだけ。
時間は命、この世は非情で残酷だった。
両手剣スキルが身に着くまで強大な敵が育つのを待ってくれるのは
対戦相手の思考が間抜けなゲームの世界だけしかない模様。

さて本題に戻ります。
うちの冷蔵庫は市場で買ってくる新鮮食材を冷凍しておけるスペースが十分に
とれていればそれでいいのです。

たしかにね、今どきの家電はすごいよ。
買い替え前に冷蔵庫を家電量販店に金も持たずに冷やかしに行ったとき、
それは驚きの連続でした。

古い冷蔵庫から15年ぶりに買い替えましたからね。
冷蔵庫の技術世代がぜんぜん違うのです。

でもね、タッチパネル付きでオンラインでレシピがダウンロードできたり、
牛乳がなくりそうだからダッシュで買ってこいと液晶に表示されるような、
そんなピンポイントに需要のありそうな機能はいりません。

ちなみに買い替え前と電気代もほっとんど変わりませんでした。
節電機能ってのもあるんですが、これ試したことなくてね。
内臓された温度計ないから節電機能を働かせて、チルド室の温度下げられても困るっていうか。
チーズとかうなぎとか入れてるからね。

みなさんも自分にあったライフスタイルを追求するために、
必要な道具をこそ選んで購入すべき。
デザインがよくて値段が高ければよい家電や家具というわけでもない。

我が家に国宝級に装飾がすごくて切れ味抜群、床の間に飾るような刀はいらない。
ステンレスで鍛えたさびにくい数打ちの包丁が2本あったほうがよいくらい。
肉や魚を大量に切るとき血脂がのっても包丁を変えれば切れ味が鈍ることもない。

ましていわんや冷蔵庫をや、です。
30万円もする壮絶無比な多機能冷蔵庫は我が家には宝の持ち腐れです、ええ。
ああいうのは金はあるけど金の使い道に困ってるひとが買えばいい。
わたしは金をそこそこあるけど、金の使い道は吟味したくてしょうがないタイプだ。
つまりはケチなのよ、だから金が貯まるループに入るだけ。
黙ってても外国人から献金もらえる辻本清美さんとは違うんで庶民は大変です、はい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事