レースカーテンがほつれてるな

みなさんの暮らす家にはカーテンがありますか?
全室ブラインドってことはないと思うんですが・・・。
まぁ、地下室に監禁でもされてない限り、
窓とカーテンはあるもんでしょう。
そういう前提で話をしましょう!

我が家の窓って今風の家みたいに既製品を使ってなくて、
ガラスを専用サイズに切っていれてあると設計を手伝った叔父に
聞かされました。

つまり、窓の大きさが変わり物で規制サイズのカーテンが使えない部屋があるのです。
それもサイズを測ってオーダーしたというか、
2枚の布をミシンで縫って一枚のカーテンとして作ったようです。

こんな感じの不思議なレースカーテンなんですが、洗っていたらその連結部分の糸が、
ほつれてぽっかりと穴をあけていたことに気づきました。
これじゃカーテンの役割を果たしてない。だめだ!

それじゃ縫って直すか

ここで選択肢としては、新しいものを買うか繕って直すかの2択が選べました。
カーテンの生地自体はしっかりしており、ミシン糸だけが寿命だったようで、
せっかくだから針仕事をすることにしました。

母の代から使っていた古い裁縫道具を取り出して、
ちくちく縫い合わせていきます。

これがまた難儀でして(笑)。
両手を使うから作業中の写真が取れないとか痛い。
裁縫スキルの手習いをしたのは小学生の家庭科のみ。

50cmくらいの穴を縫って直すのに30分くらいかかるんですよ。
普段やらないですからね、針仕事。
それもおっさんが、です。

白い糸自体は100円くらいしたのかな。
繕いものが終わった時点でかかった作業費は、
10円もしていないでしょう。
わたしの人件費は今やゼロですからね・・・。

うまくいってよかったです。
ちなみに修繕が必要な2枚のカーテンを直して1時間ほどです。
カーテンを新品で購入していたら、この100倍以上かかったでしょうし。

男にできないことは、ほぼない!たぶん!

ブログ友達が手芸で手編みのセーターやマフラー、
手袋を作る記事を目にしたことはあるのですが・・・。
必ずと言っていいほど女性ですからね。
しかも、作り方の細則が僧侶の読経もかくや、
高速詠唱のようで何を言っているのか不明(笑)。

この作業は針に糸を通して玉結びして、
まっすぐちくちく縫うだけ。
このくらいが今の限界ってところ。

家庭に女性がいなければ男は一人で女性の仕事もするしできるようになる。
つまり、器用度が高い力に勝る完全なる生き物に一歩近づくのです。
ひとをあてにする前に自分の手をこそ動かすべきでしょう。

てかと
世が世なら傘貼り浪人をしていた可能性も(笑)。
信長公
で、であるか。
足軽に取り立ててやるからもうそのへんにしておけ。

いい経験になりました。
裁縫を請け負う洋服直しみたいな店を街角に見かけますが、
見えないところ、わかりにくいところは自分でやれば済む話です。
カーテンなんて縫い目がひどくても外からわかりません(笑)。
適材適所でわりと重宝する男だった自分に救いを感じるのでした。

世の男性諸君、裁縫道具は持っているか?
わたしは持っている。

コメント一覧
  1. 声なき声 より:

    私も、会社勤めをしていたときは、制服というか作業着のボタン付けは自分でやっておりました。
    といっても、指を折って勘定するほどの回数はありませんでしたが(汗)。
    小さな裁縫セットを買ってきて、結構な時間をかけて仕上げたことを覚えています。
    小学校の家庭科の授業で教わったことが役に立ったと、心の中で思っていました。

  2. こんにちは!

    自分も裁縫セット持ってて会社の机の中に保管して、
    ボタン取れた時とかチクチクとやってますねぇ~(笑)

    コスパ良好で、慣れない作業の中一時間でのカーテンの補修お疲れ様でした!
    では、また~

  3. 匿名 より:

    器用さに男女関係ないですよ
    テーラーは男性が多いですもの。

    裁縫道具無くしちゃった(;´・ω・)
    100円ショップの物ですがね。

    不器用プラス老眼で糸を通すのも困難。
    同じ事したらてかとさん以上に時間が
    かかりそう。
    しかも肩が痛くなる。
    もし壊れたら・・・誰も来ないから
    手芸用ボンドでとめちゃいますかね(゚∀゚)アヒャ

    • てかと より:

      針に糸通す難しさって老眼より針にもよるのかもしれない。
      老眼は俺もでてるけどあまり難しいと感じたことなかった。
      あとボンドは次の洗い物にダメージでそうじゃない?あと、たぶん脱水で破れる。

  4. ミドリノマッキー より:

    家庭科か。自分らの頃は男女別々だったからな。料理、裁縫の記憶がない。
    そう言えば雑巾を作ったような覚えがかすかに。
    どちらにしても縁のない作業。
    しかし今のご時世、手縫いどころかミシン掛けも見ることはほとんどないよね。
    男性だけでなく女性ですらも。

    • てかと より:

      そういえば家庭科でエプロンだのぞうきんだの作ったな。なつかしい。
      そのおかげで今も針仕事ができますよ。
      ただ俺の家にもミシンがないな。
      ぞうきんは100均で買うし、あまり需要ないかも。
      簡単な繕いもの、手直しができればそれでいいしなぁ。

  5. てかとさん こんばんは~♪

    懐かしく読ませていただきました。
    一人暮らしの時、私もボタン付けぐらいはやりましたね。
    それぐらいは、見様見真似で何とかなるものですが・・・
    ズボンの裾上げ部分がほつれた時はさすがに困ったな・・・
    両面テープで張り合わせて、その場しのぎでごまかして、
    結局休みの時に実家に帰って母に繕ってもらったことを思い出しましたw

    • てかと より:

      簡単なのは自分でやるんですけど、裾上げとか足元を見るやつがいるから、仕立てたときにサービスでやってもらってました。あくまで、見えないところだけですw

  6. mbd管理人 より:

    最近。
    うちの相棒にはボタンがとれたって言われたら
    裁縫道具をはいと渡すだけにしとる。
    したらずっとボタン付けずにその服着てたなぁ・・・(苦笑)

    げっつんはKY。
    まぁ小喬も小喬でKYやけどね。
    KYの方向性が違うかんじ(笑)

    家計簿相談された人は
    十分お金はあるんで心配せずに
    もっと人生楽しみましょうみたいな回答してた(´∀`*)ウフフ♡

    • てかと より:

      なかなかスパルタですねw
      針仕事って男には抵抗わりとある。見た目ひどいと沽券にかかわるとか。
      そのうち自分でやるだろうw
      犬っこの性格タイプも数いるとおもしろいね。なんでそんなに違ってしまうんだろう。いないタイプに収まるのだろうか。
      あの1億3千万のひとは詐欺でやられないといいなw

  7. 私まず玉結びが苦手なんですけど(笑)。
    だから裁縫は苦手で嫌いです(* ´艸`)クスクス

    • てかと より:

      それできないと糸が抜けてしまいます!
      試練、そう、玉結びは試練なのです。
      きっとふたごパンダさんを試されているんですよ。

コメントを残す

関連キーワード
コラムの関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事