まぐろのカマ部分を焼いたもの。添えてあるのは、かぼすです。

血液、嘘つかない!

赤い血潮をみなぎらせた人類のみなさん、こんにちは!
血が何色かわからない冷血非情なみなさんもこんにちは!

わたしたちは社会と周囲の人間関係を円滑にすすめるために
太ってないよ、とか、おいしかったなどと優しいうそをつける汚い大人ですが・・・。

こと、流れる血液に関してだけは、うそをつけません。
実はわたしは脂肪肝でしてね。
過去ASTやALTといった数値が悪い時期があり肝臓を病んでいるのです。

TANITAの体脂肪計で体脂肪マイナスになったり、
体重54kgなのにナンデ?って思いましたが(笑)。
まぁ、そんなわけでして、病院で定期検査を受ける身の上です。

人体について興味がある方は少々お付き合いください。

ここでひとつ先達から現役世代にアドバイスをしておきます。
早期退職者、いわゆるFIREは、辞表をだしたら食事量を減らすほかない。

ばりばり仕事をしたときと違い、消費されるカロリーが激減します。
同じように食べてはいけないという罠。
もし、あなたがこれから早期退職を目指し、実現したとき!
その食事量はがっつり見直し、粗食にするほかありません。
毎月3万円も食べていたひとは半分以下になるでしょう。

てかと
ソースはわたし。

 

貧血予防に鉄分とろうぜ

さて、昨日、脂肪肝検査に内科へ行ってきたわけです。
肝機能を示すASTやALTはすでに一般人の数値へ回復しているので、
まったく眼中にないんですが・・・。
とはいっても肝臓って擦り傷と違い一年、二年でどうにもならない臓器。
しばらく経過観察を必要とするようです。

さて前回の12月診察ではかかりつけ医から、
試練みたいなテーマをもらってたんですよ。

お題は「鉄分不足(Fe)」。

そもそも日本人の現代食は主食が米、パン、麺だから鉄分なんて、
どこにも入ってません。
不足するのは当たり前。
鉄分が不足すると貧血気味になり、めまいなどの症状もでるし、妊婦とか大変。
筆者のように男は妊婦にはなれないが、軽んじてはならない栄養素のひとつでしょう!
昔は炊飯窯が鉄製だから・・・ワンチャンスあったけど今は意識しないと困難。

ブロ友さんの意見、アイデアをもとに鉄を補う方法を探して、
鉄玉子とかいう面白いアイテムを手に入れたりもしました。
そもそも毎日豚肉だの赤身の魚を食べ続けたりするだけで補うのは、
かなり厳しいのです。エンゲル係数的な意味で。

なかなか面白いことになりました。

俺楽流「鉄分の補い方」

ざっくりとリストにしてみます。
参考になるとよいのですが。

  1. 鉄製の調理器具で料理を作る、湯をわかして飲む。
  2. 肉や赤身の魚を食べる。
  3. 鉄分を配合した加工食品を食べる。

到達したアイデア、こんな感じでした。

1については現代の調理器具に鉄製の鍋なんてものがないため、
ほぼ絶望なのですが・・・。
だってアルミやステンレスの鍋で表層をテフロン加工したものに、
鉄分がでる要素なんて微塵もない。
エネルギーや資源は、ないところからはでてこないのです。
この問題は「鉄玉子」と呼ばれる鉄塊をやかんに放り込むことで解決。

2については資金力の許す限り、豚や牛を食べればいい。
赤身といえばまぐろを食べたりするのもよいが・・・。

まぐろのカマ部分を焼いたもの。添えてあるのは、かぼすです。

わたしのように市場が近くにあり、
かつ、まぐろが安価に入手できる要素がない限り、
かなりエンゲル係数を圧迫する諸刃の剣。

3についてはまだ有情で、世の中には普段食べるものに
鉄分を無理やり放り込んだ食品もあります。
鉄分配合ヨーグルトとかね。これで解決。

簡単なところで鉄配合のサプリとか便利商品があるじゃないですか?
かかりつけ医がやたらとサプリメントに反対するんですよ。
おかげで楽ができなかったです(苦笑)。

鉄分を右肩上がりに回復させた結果

満を持して臨んだところ、わたしのかかりつけ医は結果をみてこう言われた。

かかりつけ医
フェリチン高いね。
まぐろいっぱい食べてるって?なら戻していいよ。
てかと
いやいやいやいや。
俺から菓子や酒だけでなくまぐろを奪うのやめて。

鉄分が体に必要なのはたしかなのですが・・・。
血を作る栄養素、血小板とか赤血球とか。
細かい指標を参考までに書きますと鉄は54~200μg/dlの範囲にあればよいものです。
すでに100程度から170まで到達している。

このペースで右肩上がりに増えすぎてもよろしくない、と。
我が血潮は鉄血と呼べる高みに到達しつつあったのです(笑)。

まぁ、今以上にまぐろを食べることは経済的に無茶なので、
このへんが限界だとは思われます。

この加減がなかなか難しい・・・。
採血して自分にあっているのか血をみないとわからないのです。

夢中になってまぐろを焼いて毎日食べてたんですが、
毎日ではなくてまぐろは二日に一度くらいでいいのかな、と。
別の白身魚を挟んで食べてもよさそう。安ければ!

みなさんも普段食べている量はこれでいいのか?
と思ったら医師や管理栄養士の指導を受けることをおすすめします。
体形、体重、血圧だけでは血の中で何が起きているのかは、
さっぱりわからないのですよね。

フェリチンは分子量約445,000の、24個のサブユニットが中空でかつ球形に組み合わさり立体構造を呈した可溶性の鉄貯蔵蛋白で、肝細胞、脾臓・骨髄等の網内系細胞に多く分布している。

 

 

コメント一覧
  1. 声なき声 より:

    私も血液検査の結果では、赤血球の数が少ない方向に結果が出ています。
    昨年の夏に貧血気味になったのは、そのせいかもしれないと、自分で勝手に憶測しているのです。
    ほんのひと月ほど前から鳥のレバーを摂っていますが、これが効果を発揮してくれればいいのですが。
    できれば、毎日、マグロ三昧の食事を楽しみたいとは思っていますが、財布には非常に厳しそうです(汗)。

    • てかと より:

      レバーには確かに効果があるんですが、常習性をふくむ成分があるとかブロ友さんに警告された食材のひとつです。
      おいしいけど毎日食べるものでもないような。
      まずは鉄製の調理器具を安価にそろえて、一日に必要な量の鉄分を得る方向で調整するのおすすめかなぁ。
      我が家では安価に食べられるマグロぶつはさすがに厳しいでしょう。
      そうでないさくになると100g350円くらいするし。

  2. 八咫烏 より:

    体型があてにならないのは、まったくもってよくわかりますね。一見やせているようで、実は内臓脂肪が多いって人もけっこう見かけたように思います。体のなかのことなんて、実際に見てみることができないですものね~。そういえば、昔岩手県では貧血になる人が少なかったらしいですよ。よく考えると、あそこの伝統的工芸品は、「南部鉄器」でしたね。あと、大工さんはクギを常に口のなかに放り込んでおりました故、これもまた鉄分が補給できたとか。

    • てかと より:

      いまどき、南部鉄器の鍋で調理するなんてのは達人くらいでしょうなぁ。
      でも南部鉄の鉄塊であれば問題ないです。同じことで安価です。
      いまどきは体形や体重では血はわからんのですが、内臓脂肪は体脂肪計でわかるのでまだまし。血がわかればなぁ。

  3. mbd管理人 より:

    私食べないことなら得意だわー。
    一日昼だけとかでいいなら嬉しいくらい。
    ただ・・・栄養分は壊滅的になるねっ(笑)

    昔は鉄の急須でお茶を入れよったけども
    なんかちょっとほったいとったらサビて
    これがまた面倒くさがり屋の私には無理ぽやった・・・。

    ((=゚Д゚=))ノアイ
    社交的なのが孟徳。
    外見的には耳がたっているのが孟徳で
    耳が垂れているのが玄徳なのです(´∀`*)ウフフ♡

    8ゆきちんは使ったけども
    ポイントペイが20パあるんで
    結構な額戻ってくるとよ!
    これで次のスーパーセールまでまた買い控えっす(☆Д☆)キラリーン♪

    • てかと より:

      一日一食とか逆につらいですねw
      一日必要な量を1/3して3回にわけて食べるほうがよいと医者は言うのです。
      エリザベス女王のように朝ケーキを食べるアレンジも可能ですし、人体のバランスを考えて献立も組める。わりと融通がきくのも人体の神秘ですねw
      鉄器は水に弱いのでこまかくふき取りしないといけないんですよね。
      この鉄玉子は管理がまだ楽なんです。
      丸い形状でお湯をわかしたあとに熱いうちに布巾でぬぐうだけで済みますから。
      その耳の形状情報は大きいw
      あのヨーキー2頭は覚えられそう。
      そのポイント、すごいな。1万6千か。うーむ・・。

  4. はる より:

    こんにちは(^^♪

    鉄分不足、改善されて良かったです。
    3か月間の食事の工夫と鉄玉子のたまものですね。

    ただ、今度は摂り過ぎの指摘‥上手くゆかないものですね。
    たぶん、前回の血液検査の結果はたまたまの数値で
    大きな問題は無かったのかも。

    妊婦の時、鉄剤を処方されたのですがまったく効果なし。
    胃に良くない、便秘になるなどかえって逆効果でしたよ。

    • てかと より:

      そういえば以前もらったコメントで鉄玉子はコーヒー飲むときに使ったのですが、この数値を見ているとタンニンが鉄の接種を妨げた、という感じはないのかなぁ、とも。もしくは微々たるものだった、とか。
      気にしすぎだったかもしれないですね。
      フェリチンの数値が基準を上回ったので、うわって思いましたが、まぁこのくらいは問題ないですw
      その妊婦体験で鉄剤がでたのに逆効果だ、みたいなのはひとによるのですかね。
      好奇心すごいがこればかりは男の身の上が悔やまれる、試しようがないのだよなぁ。

  5. ジョニママ より:

    マグロばっかり食べたら
    そんな事になるんですか。
    血液だけで全てをチェックされている
    凄いお医者様ですね。

    うちはコレステロール系と心臓系しか
    チェックしてないようです。
    まあそれの専門医だからそれでいいのでしょうけど(;^_^A
    フェリチンですか
    自分の項目の中にあるかあとで数値表
    見直してみます(^^)

    • てかと より:

      普通の人って毎日まぐろ食わないでしょ。
      遠洋まぐろ漁師でもなかなか条件厳しい。
      レアなケースでこの症例がでるひとはあまりないのかも。
      ただ、血液って個人情報のかたまりでしょ?
      丸裸にされちまってるので勘弁してほしいところもあるんですがw
      肝機能みるからそちらの血栓とかの情報とはまた異なるんでしょうねぇ。
      たぶんフェリチンはないと思うよー。
      あれは鉄分見るのに使うだけだし。

  6. フェリチン私めっちゃ低かったんですよね~。
    だから毎月鉄剤の注射打っていたら
    正常値に戻りました~♪
    鉄玉子使ったお茶毎日飲んでいるんですけどね(*´ω`*)

    • てかと より:

      いやいやいや。
      そこまでいってるなら、
      もうアイスじゃなくて釘でもなめようぜ。
      あとは毎日牛買ってきてステーキでも食うしかないわw

  7. てかとさん こんばんは~♪

    毎年健康診断やってるけど、鉄分のことは気にしたことなかったな。
    今、血液検査表を見ているのだけれど・・・
    ナトリウムやカリウムの数値はあるけど、鉄は検査していないな。
    今度医者に聞いてみることにしよう。

    • てかと より:

      健康診断だと脂質、肝機能、血小板数とかメジャーどころは見るけどFeはないんだな・・・。
      内科に行ってみてくれーって頼めば一通りでますけど。3000円くらいかかる模様。診察も入るからなぁ。

  8. 馬場亜紀 より:

    カタログギフトでゲットした「南部鉄薬缶」を使用中です。気分としてはリッチやわ鉄分補給できてエエわ~とかなんですが、重たい。錆びないように、毎回空炊きして水分飛ばすなど、めんどくさいこともついてきます。同じ理由で中華なべはあるけど、あんまり使わないです。

    血液検査の数値で体内を想像できるお医者さんは立派なんですって。
    腕の悪い医者は、数値で体内でなにが起こっているのか想像できない・予測できないから、CTだのMRIだの、お金のかかる写真を撮る方法をとりたがるそうです。写真を見ないと、その人がどういう状態なのか全くわからんとか。
    腕がいいかそうでないか、ここら辺でも判断できるかもしれないですね。

    • てかと より:

      鉄玉子も水分残したままにしとくと赤さび浮くんですよ。
      湯わかしたら熱いうちに取り出してふき取るようにしないとやばいです。
      血液の検査受けて、それなんだ、あれなんだ、って聞いてるうちにどんどん知識が増えていくのはありがたいんですが・・・。
      腕はともかく別に超音波やCTは取るんだよね。
      診療報酬を稼がれているという気持ちもややあるんだけどw

  9. ミドリノマッキー より:

    自分が学んだところによると、鉄分の摂取不足だけでなく消化管からの吸収障害も大きいようです。
    それを補うのに良いのがビタミンCとありましたよ。

コメントを残す

関連キーワード
美容と健康の関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事