3.11、黙想はしました!

東日本大震災、あれから8年経過しました。
3月11日の午後2時46分。
リマインダアプリがポップして「黙想しろー」と轟叫ぶ。
追悼式典も無事終わり、当時のことを思い出していました。

我が家のある茨城県もインフラ断絶三日間を経験し、
インターネットが使えない!とか、
電気がこない!とか、
水がでねー!とか、
大騒ぎしてましたから。
台所とか割れた食器で大慌て。掃除機だって使えない。

世の中にはあの惨事を嘲笑するかのような極彩色のド派手な浮かれた格好で、
どんちゃん騒ぎのデモをする連中もいたようで話題になってましたが・・・。


おかしな連中はさておきまして、震災の話です。
幸運というべきで我が家は平山にあり津波や河川の氾濫の影響は受けない。
水戸市でも千波湖や那珂川の近くだったらサバイバルだっただろうが・・・。

しかし、人間に同じ技は通用しない・・・。
東日本大震災級はすでに対策済みです。

知能あるもの、平時のうちに準備はしておく

もし、今もあの震災が起こったら冷凍室のマグロだけは、
焼きまくって塩やしょうゆに漬け込むでしょう(笑)。
プロパンガスにしてあるので調理は継続できます。

てかと
オール電化とは違うのだよ!オール電化とは!

当然、備蓄も万全の備え。


飲料水も常時貯水してあるし、電気温水器にも300L近く水が入ってます。
日用の水も困りません。隙の生じぬ二段構えです。
最悪、流通が七日途絶えてもフードストックに米、乾麺、
塩や肉や魚の缶詰もあります。
常温保存できる味噌や醤油もありますしね。

そして耐え抜けば日本のインフラ復旧能力は地球随一と言って過言ではありません。
ずば抜けて高いことは3.11で証明されました。
経験者から言わせてもらえば市街地は三日耐えればどうとでもなる印象。
近所じゃ派手な失火、火災も起こらなかったなぁ・・・。
午後2時46分、飯時から外れたのも運がよかった。
緊急時、その倍も見れば安全マージンとして妥当といえましょうか。

てかと
まぁ、ブログは更新できませんが(苦笑)
電気止まるし。

みなさんも自分の住んでいる地域が地震が少なかったからセーフ、
とか慢心は禁物です。
日本列島を甘くみてはいけません。
自然は母親のように優しくなんてない。
平然と命を奪いに来るのです。
いうなればドSなのです。

備えよう・・・。

コメント一覧
  1. こんにちは!

    去年の北海道での震災で備蓄の重要さが良く解って、
    我が家でも少しづつですが備蓄品を増やしていってます。
    ただ食べ盛りがいるので食料品のストックの量で悩むんですよね~(笑)
    そして、災害が起こらないのを祈ってます!
    では、また~

    • てかと より:

      コンビニやスーパーの食い物は災害に備えてないひとが買うから、普段から安いものでそろえておくのがよさげですね。
      食べ盛りの子供の分はおまかせします。俺には量がわからんのでw

  2. 声なき声 より:

    地震対策として、冷蔵庫の転倒防止のやり方をずっと考えています。
    寝ている部屋からは離れていますので、人体への怪我の恐れはないと思います。
    外に逃げる道をふさいでしまう事態を恐れているのです。
    壁に固定するのは傷つけりょうで嫌ですので、足元にストッパーを差し込むことでの対応を考えているところです。
     
    台湾の蔡総統からの温かいメッセージに心打たれた人は多いことと思います。
    どこかの国とは大違いです。
    あらためて品格の差を感じました。

    • てかと より:

      箪笥や棚には転倒防止用のすべり止めが安価に売られているんで何とかなるかと。
      食器が落ちてくるのを対策するのは厄介。
      冷蔵庫はなぁ・・・。あれ倒れるのだろうか。冷凍室は下で重心低いし。
      台湾総統から日本語でメッセージもでてますね。ツイッターで。台湾ありがとう。

  3. 馬場亜紀 より:

    食料のストックってあるけど、水はしてなかったです。
    貯水している水って、どのくらい保存していますか?
    しょっちゅう入れ替えしなければいけないような気がして、断水になったら避難所かなと考えていました。
    貯水の水を普段使いするようにすればいい?
    ほったらかしにしてしまいそうな自分に気づきます・・・。

    • てかと より:

      うちは一か月。洗濯に使ってまた組みなおし。ペットボトルで買うより安価。
      避難所で水をもらうのは最後の手段。
      俺は大勢の備えのないひとに交じって列に並んで待たされたくないしなぁ。
      備えておけば済む話。

  4. 八咫烏 より:

    三日間なら私も持ちますね。もっとも東京のどまんなかなんで、そこそこ復興がはやいのではとも思っています。まあその希望がかなわなくても、とりあえずの備蓄はあります。ところで、あのおかしな連中なんですが、とりあえずドンドコしないと喋ることができないのかな、と思いました。

    • てかと より:

      三日ならいけると思いますよね。
      都心ならなおさらじゃないですかね。
      まぁ、ゴジラがでてこなければw
      あの太鼓たたく連中は国会議事堂前にもでてくるので同類でしょう。
      あんなに騒いで被災した地域で苦しんだり亡くなった人を悼む気持ちはないのだろうか。ないからやってるんだろうけど。

  5. はる より:

    こんにちは(^^♪

    そうですねえ、災害がやってこない空白域なんて無いんですねえ。
    昨年の地震で身にしみました。
    とにかく停電があんなに辛いとは‥

    タンクに入れた水の交換、数か月で挫折、
    勤勉さを持ち合わせていないことを実感しました。
    北海道には天然湧水を使ったボトル入りの水があって
    保存期間が5年・7年・10年・12年・15年の商品も。
    数本、備えておいても良いかなあ。
    ん!?保存容器の方の耐用年数って‥どうなんだろう。

    • てかと より:

      うちは停電したときに仏間からろうそくを使って明かりをとりました。
      今だとLEDランタンとかもあるから安価にそろえるならどっちでもいい感じ。
      電池かマッチか、お好みで。
      毎月末になったら洗濯するときに、よいしょと抱えてだばーっと流すだけなんですが、男の力と女性の力ではぜんぜん違うしなぁ。片手で20Lタンクを腰上まで運ぶとかできないでしょうし。高い筋力がないなら庭に水やりでもするとか、洗い物に使うとか、工夫次第でなんとでも。

  6. ちゃんと地震に備えていてえらいですね♪
    うちは水はあるけど、食料が微妙だなぁ。
    3日間生きられるよう考えないといけないですね(*^^)v

    • てかと より:

      うちは津波、氾濫のない平山で市街地だからそんくらいでいける。
      もし山、海沿いの田舎ならサバイバル覚悟で。

  7. てかとさん こんばんは~♪

    この日を迎えて、災害の映像を目にすると、いまだにぞーッとしますw
    東京は直接的な被害は軽微でしたが、福島原発の事故の影響で計画停電に見舞われました。
    ちょうど母が入院中で、真っ先に、自家発電機が備えられているのかを病院に問い合わせたことを思い出します。

    • てかと より:

      東日本大震災級の災害が関東を次に襲うのは半世紀くらい先かなーとか適当に予測してるんですけどね。たぶん俺死んでるw
      関東大震災と東日本大震災の間がそんくらいかな、と。備えはしてるけど楽観論w

  8. mbd管理人 より:

    水の備蓄すごっ。
    うちは川の近くなんでトイレは川からくんでくる。
    水は湧き水出てるところがあるんでそこから汲んでくる。
    のサバイバル生活予定。
    人間はどうにでもなるんで犬子のものばっかりしこたま用意してあるわ(笑)

    犬子家に無い人は判別本当に難しいと思うよー。
    うちのスタッフなんか
    犬子どれがどれか全くわからんって言いよったもん。
    こんなに違うのに!!( ; ロ)゚ ゚
    って最初は驚愕したー(笑)

    • てかと より:

      その予定の計画、川からトイレ用水を汲んでくるという発想のほうがすごくないか。水戸にも水源地はそれなりにあるが自転車でも距離があり運搬がきつくてやる気がしないぞ。
      というか、犬優先なのかw
      あのチワワ2頭、大喬と子明は本当に似てる。あれはきついw

  9. ミドリノマッキー より:

    あんなことがあった直後は備蓄も食料品を含め各種取り揃えていましたが、今残っているのは水くらい。
    水といってもペットボトルですが。だいたい賞味期限が3年から5年ぐらいですから、3年ごとぐらいに替えています。20本入りか24本入りののを1ケース。
    これで役立つかどうか。ないよりいいかなという感じ。
    発電機も持っていたのですが、処分してしまったし。危機感はどんどん失せますね。

    • てかと より:

      夏場とか水や塩が量必要なときに震災が起こるとしゃれにならないですからねぇ。
      自分の住んでいる地域が過疎地域とか山奥とか海沿いだというならもっと量必要でしょう。市役所や県庁がある市街地なら三日あればいけたけど。

コメントを残す

関連キーワード
イベントの関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事