えのきだけはとってもヘルシー&ローカロリーな食材のひとつです。
管理栄養士も薦めるきのこを使った常備菜「マリネ」をえのきだけで作ります。
温野菜やサラダ、ごはんに載せてもおいしいですよ。

きのこ類、えのきだけも冷凍すると旨味が増します。

まずダイエットの定番、大前提としてわたしからアドバイスです。
えのきだけはカロリーが100gあたり22キロカロリーと少ないのにビタミン類が豊富です。
ただしフラムトキシンという物質に溶血作用があるので多量に生で食べるより加熱して食べたほうがよいとされています。
さらに面白い発想があります。
きのこには一度冷凍すると旨味成分がでるので、えのきやしいたけなどのきのこを冷凍室で保存する方法が知られています。
我が家でもキノコは保存のために冷凍して使うようにしています。
冷凍させると長く保存でき調理も楽になります。
冷凍してあると石突を切り落とすとき「おがくず」が落ちにくいんです。

えのきだけが安いときにまとめて買って冷凍室へ。

わたしの節約術のひとつでもあるのですが、えのきだけが安いときに200g入りの袋を2つほど購入して袋のまま凍らせてしまいます。
2袋くらいずつ調理すると中サイズ保存瓶一本分くらいの量の漬物が作りやすいのです。
えのきだけの調理をしたことがない!というひとは300~400gくらいを目安で購入しておくと楽できる、と覚えておくと幸せになれるかもしれません。

ここに注目俺楽えのきだけのマリネレシピ。

きっかけ

えのきだけを使った保存調理。常備菜のマリネをえのきだけで作ります。冷蔵庫で2週間はもちます。

材料

  1. えのきだけ 2袋(400g)
  2. オリーブオイル 大匙1
  3. 塩コショウ 好みで適量
  4. 塩 小さじ1
  5. 酢 1/2カップ
ここに注目スパイス強めに作りたい方は、塩コショウを強めで塩を減らして調整してください。

作り方

えのきだけを3等分します。

えのきだけからおがくずのついた石突を切断したものを三等分します。
食べやすいサイズです。

石突にもっとも近い部分のえのきだけを9等分くらいに細かくブロック状にしておきます。
根本に近い部分は密で火入れのときばらけにくいので小さいほうがいいのです。

底の深いフライパンか鍋にオリーブオイルを大匙1ほどいれて中火にかけます。
えの氷を使っている場合はここでしっかり火入れして溶かします。
えのきだけがしんなりしてきたら塩コショウを適量振り、塩を入れます。
菜箸などでよくかき混ぜ痛めて水分を飛ばします。
水分が少なくなったところで酢を入れて1分ほど軽く混ぜあえて火を止めます。
保存瓶に詰め替えたら蓋をして粗熱をとり冷蔵庫で冷やして保管してください。

おいしくなるコツ

だしの素をくわえたり、ごまなどをいれてもおいしいです。

まとめ

えのきだけは冷凍すると旨味が増します。
マリネ液につけ込むことで2週間程度は冷蔵庫で保管できます。
糖類調味料を一切使っていないのでダイエットメニューとしても優しいレシピになっております。

今日も読んでくれてありがとうございました。

では、みなさん、今日も元気にお過ごし下さい!

おすすめの記事