ホワイトデー、それは高度な情報戦()

3月14日はホワイトデーです。
わたしも男、お返しものとかしたことあります。
むなしい独身の心の叫び、時間がある方はお付き合いください。
なかなか匠な戦術ですよね、ホワイトデー。
贈り物をされたらお返しをしてしまう返報性の原理を利用した日。

かみ砕いていうなれば、2月14日はバレンタインデー。
チョコレートを本命や義理でもらった人たちが、
お返しをしないといけない、気まずいという心理が働く、というもの。

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。この「返報性の原理」を利用し、小さな貸しで大きな見返りを得る商業上の手法が広く利用されている。

わかる(明察)。

ええ、わかりますとも!

断る勇気は経年で培う(笑)。

かくいうわたしも新人のころは女性社員から義理チョコもらってました。
新人の分際で先輩や女性の面子をつぶすようで断りにくいからです。
受け取ったらお返しが必要な上に、
いらないものをもらいたくない。
甘いのに苦痛なイベントでした(笑)。

プロジェクトリーダーになったころにはもう安心。
部下やパートナー会社の女性からも受け取らぬ、とかたくなに拒絶。
世の人々からすると「あいつはなにをしたいんだ?」と思われるでしょうが(笑)。

目を閉じて昔日に思いを馳せますと、
相手の女性が困惑していたのを思い出します。

新人のころは遠慮して言えませんでしたが、
正直なところチョコより肉くださいと言いたかった。

中二病少女
汝、力を欲するならばこのチョコを食べて深淵を覗くがいい!
中二病少年
くっ・・・!なんという禍々しい力か!
抑えろ、俺の中に封じた力が!
てかと
よそでやってくれ。
すみませーん、このとり肉2kgください。

肉ならいくら食べても太らないんだし、
肝臓のダメージも気にしなくていい。
WIN-WIN。

興が乗ったし仮定の話をしよう!

仮定の話になりますが・・・。
もし、バレンタインチョコとかを受け取っていたら、
Amazonでお返しギフトをポチるはめになったことでありましょう。
それも決まってゴディバです。
自分では決して食べないがお返しものはこのメーカー。

そういえばゴディバって日本事業が韓国ファンドに売却されたんだっけ?
そんな話題を目にしたことがあります。
これこれ。


むかーし購入してたからメーカーの名前は覚えてるんです。
ただね、売却先がよろしくなかった。
遠からずファンドオーナーの意向で韓国製造になることでしょう。

この名前を聞いたら安くても手を引っ込める(笑)。

韓国は科学的根拠も示さず一方的に日本の野菜を輸入禁止にしたりと
感情で動くからどうにも好きになれません。
現在日本はWTOに提訴中。

アメリカじゃ韓国産魚介類から検出された大腸菌で死亡事故も出ていて、
FDAが輸入禁止にしたこともあり、韓国産と書いてあったら避けてるんです。
ネットじゃニュースにもなってました。
え?知りませんか?
FDA 韓国産魚介 輸入禁止で検索すればでてくると思いますけど。

韓国って日本海に糞尿を投棄してるんですよ。
海底の魚介に蓄積されてそれを食べたアメリカ人が死んだというわけ。
理由は当然、不衛生だから。

根拠があるからやめておくだけ。
口に入るものだからね。
大腸菌はいれたくないです、はい。
日本人は大腸菌耐性なくて死ぬし。

日本はアメリカと違って危険と目された韓国食材の輸入を制限してないから、
個人で情報集めて自分の身を自分で守るしかないのです。
見えている地雷を踏みぬく無謀さは持ち合わせていません(笑)。

結局のところチョコは買わないだろうなぁ・・・

とは言ってもチョコレートを買うことは残された人生では、
もはやないであろうと思われます。
わかっているのにひとに贈るのも罪悪感を感じますからね。
いやー内科に通っている身の上が惜しまれます。

若いころはお返しものでお世話になりました。
強く生きろよ、ゴディバ!
達者でな!

大丈夫、今後は気にしないひとがチョコを買ってくれる。
わたしはその姿を・・・
心から応援するものです・・・!

コメント一覧
  1. mbd管理人 より:

    ホワイトデー。
    てかっちの記事見てまじやんと思い出す始末。
    我が家の相棒が一個もバレンタインに
    チョコを持って帰らん人で良かったわ・・・。

    仲達。
    何処までも動かない男は遊び方も徹底しとるのよ。
    動かない遊びが好きっ(笑)

    歯は痛くてもアイスは食べる。
    知覚過敏でもアイスは食べる(。+・`ω・´)キリッ

  2. 声なき声 より:

    ずっと昔、職場の女性からバレンタインのチョコをもらっていたことがありました。
    その習慣も、気がつけば私の職場ではすたれてきたようで、少なくとも10年ほど前にはほとんど見かけなくなったのです。
    ホワイトデーのお返しは、たぶんブランド品ではなかったと思います。
    もちろん、相応に包装されていてそれなりの高級感が漂っていました。
    今にして思えば、私のいた職場では、わりと早くからバレンタインが虚礼であるとの意識があったのかもしれません。

    • てかと より:

      いい男がいたらキープするんでしょうけどねw
      職場で配るのは義理だから表立ってやる必要もなくなったのでしょう。それに若い男に配らないと意味もないですしね。

  3. 八咫烏 より:

    私はアレルギーだから、周りも気を使ってこの話題を避けてくれます。まあ、アレルギーもたまには役に立つわけで(飲み会とかの付き合いを断るときも有用)。ところで、返報性の原理はサギにもよく使われますよね。ハロウィンもそうですが、結局のところが企業の手のひらの上で大枚を吐き出しているだけの行為にすぎません。

    • てかと より:

      石鹸やるから布団買えみたいなw
      まぁ気を付けましょう、お互いに。
      それにしてもアレルギーはひとを強くしますね。
      俺は内科に通うようになったの最近だからなぁ。その理由が若い時使えていればw

  4. はる より:

    こんにちは(^^♪

    ホワイトデーって日本の企業がバレンタインデーの対になる
    イベントとして考えれらたものなんでしょ。
    バレンタインデーだってチョコレート屋さんの策略だっていうし。
    まんまと企業のたくらみにのせられちゃってるんだなあ。
    考えてみれば恵方巻やハロウィンもそんな感じだものね。
    それぞれの良いとこだけ取り入れて、
    人間関係がうまく回るように使われるならいいんだけどな。

    • てかと より:

      女性から思いの丈をふりしぼって告白する、そのきっかけがチョコで済むならどんどんやればいい、とか思ってた時期があるんですが義理ですどうぞ、とかやられた日にはたまらないw
      相手にその気はなくてこちらもいらないのです。
      その金で本命にうまいチョコ食わせてやれよ、とは思いました。

  5. 馬場亜紀 より:

    そうですか、ホワイトデーでしたか、ウチ今年は無関係。
    亡き父のbirthdayなのであります。
    1度も祝ったことがなかった、父ちゃんゴメン!なんて思った今日です。
    お返しが3倍返し当然、みたいなのが凄いですよね。
    復讐でも倍返しでしょ。男性たちの苦労って地味に辛そう。

    • てかと より:

      その3倍返しとか倍返しとかいうの、ありえないですね。
      1000円貸したら3000円よこせ、という感じでしょ。そんな取り立ては払わなくていいというのが常識ですw
      あと墓前や仏前で合掌するだけで勘弁してほしいですね。
      祝いのケーキとか俺も食えないw
      うちも亡くなってひさしいですから。

  6. てかとさん こんばんは~♪

    まともに勤めていた時は、もらってくる義理チョコを女房が楽しみにしていてね。
    ホワイトデーにお返しするのは、こちらの自腹だというのにーw

  7. 父に1000円のチョコをあげて今日6000円もらったので
    6倍返しです(*`艸´)ウシシシ

  8. pil より:

    義理チョコを断る勇気、素晴らしいです!
    こちらでは、バレンタインデーはあっても、
    義理チョコもホワイトデーもないので、
    余計な気を遣わなくていいから楽です(*^-^*)

コメントを残す

関連キーワード
イベントの関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事