ガススタンドのおっさん直伝!灯油の保管方法。

庭を眺めて春の花を見ていますと、
もうファンヒーターなどの暖房器具を使うまでもないなー、
という所感です。
だいぶ暖かくなりました。

みなさんの暮らす地方は、どんな感じでしょうか。
まだ雪の残る地方は片付けには早いでしょうけど、
関東だともういらないかな、と。
早速片付けにはいりました。

我が家の冬の乗り切り方

冬なんてのは基本は着こむんですけど。
吸湿発熱インナーとか着る毛布とか。
とどめとして我が家では冬の間、室温を0度から12度まであげるために
ファンヒーターを使う、という運用をしていました。
あとはこたつテーブルで籠城すると。
どんなに寒くても室温は外気温から15度以上は外れないイメージ。

これは節約でけちっているのがもっぱらの理由でもあるんですが、
外出する際に室温と外気温との差が10度以上あると心臓の負担が
激しいのである程度、体をいたわるという目的をもっています。
あくまで自己流なのですが・・・。

とくに風邪もひかないし、
身体強健、
意気軒高、
精神異常なし。

朝方の寒い時間にファンヒーターとパソコン作業にこたつで十分という感じでした。
これなら冬でも電気代もそんなにかかりませんしね。
灯油も真冬の1シーズンで18リットルのポリタンクひとつで済みました。

もう春だししまっておこう、灯油も片付け

さて、春のお彼岸も迫ってきているのに、
いつまでも居室に使わないファンヒーターを置いておくのも
なんなので灯油ポンプ(手動)でヒーターの灯油をタンクから
ポリタンクへ戻しキャップを閉めて収納へヒーターを戻しました。
電池とかで動く灯油ポンプはノズルがきつくて、
ヒーターのタンク口には入らないから。

使わなかった灯油はこのように保管しておけば大丈夫だ、と
世話になっている某ガススタンドの灯油配達にきたおっさんが言ってました。

経年した古い灯油は使わないでほしい、みたいなことを言われるかと
思ったんですが逆でした。

マニュアルみると古くなった灯油を使うと壊れることもある、とか
事故のもとだからやめて、みたいな警告が書かれているもんです。
最初はわりと抵抗はあったんですよね。

今冬も灯油とファンヒーターには世話になった・・・。
我が家のファンヒーター、2006年製造。
まだまだいける!頑張ってほしい。

これが我が家の冬の過ごし方でした。
みなさんの家とはまた違ったでしょうか?
ファンヒーターの設定温度の最小温度設定が12度なんですよね。
これ以上は仕様で低くできないから省エネもこれが目いっぱい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事