連絡=トラブルだと思ってればOK(達観)

今回は入居者様から水回りトラブルの連絡を受けたので、
そのときのあらましと対応をメモしておこうと思います。

基本的には大家と入居者様の関係は古今東西、
不動産資産を貸して家賃をむしる側とむしられる側の
関係としか言いようがありません。

その関係がWIN-WINになるように調整するだけです。

基本的に入居者様からくる連絡は、苦情か問題発生ばかり。

大家最高!この物件最高!家賃あげていいですよ!
みたいないわゆるゴッド的なことをいうものは
いまだかつていません(笑)。
いたら会ってみたいくらいでして。

そんな春のお彼岸のあと、急に寒くなった我が地元。

こたつでレトロゲームをしていたら一本の電話が入りました。

ひとりコールセンター業務のながれ

あらましはこんな感じです。

入居者さま
台所の排水が流れていないので朝から煮炊きができないの!
てかと
連絡ありがとうございます。
それは大変お困りでしょう。
入居者さま
排水口にホースをいれて水を流してもだめなんですよ。
てかと
流した油などが冷えて固まって排水管をふさいだりしたのでしょうね。
昨日は冷えましたから。
入居者さま
困っていて連絡した次第なのですが・・・。
てかと
電話帳を開いて水のトラブルを解決する業者を呼ぶか、
不動産屋さんに業者を紹介してもらってください。
入居者さま
そういうものなの?
てかと
わたしが行ってもすぐにつまりは直せないし、
話を伺い写真撮るくらいしかできないですし、
プロを呼んで対応してもらってください。
これにて一件落着
ポーズを解除してふたたびレトロゲームに興じました。
なお、パズルゲームでどこまで動かしたか忘れました(笑)。
オーノー!

まとめ:己を知ってもできることは少ない

事態が一刻を争うものだとプロにお任せするしかないですね。
これが浴室のカビがー、外壁の塗装がーみたいな、まだ猶予ある問題ならば、
現場を見に行って写真撮って解決できるか挑むのもありなんですが、
煮炊きができないなら飢えている=空腹でイライラしている
というのが想像できるのでわざわざ時間を与えて虎穴に飛び込むことはしません。

下宿の神である大家などと言っても万能ではないのですよなぁ。
水のトラブルを解決するノウハウやスキルはないんですよ。
そういうスキルを持っている大家もいるんでしょうけど、
わたしはその技能に興味がなく伸ばす気はあまりないです。
剣の修練とかは喜んでやるんですが、平時にまったく需要がない次第。

わたしにせいぜいできることと言えば普段の掃除を心がけて、
排水口に水きりネットをかけて、
極力油や脂汚れを流さないことくらい。

油調理などの汚れは冷えると白く濁って固まりますからね。
スーパーで見かける牛脂とかラードとかあんな感じ。

鶏ももとか豚肉とか調理した鍋は脂質が冷えれば白く凝固するでしょ?
温かい時は油膜程度だが排水管を流れるときに冷やされると固まるから詰まる。
油や髪の毛をも溶かすパイプ洗浄剤とかこまめに使っている御宅は
そうでもないのですが、人によってはこういうトラブルが平然と起こります。

我が家ではそういったトラブルの電話がかかってくるので、
反面教師にしているというわけです。
人の振り見て我が振り直せ、ということわざもありますしね。
余裕があれば現場を見に行って話を伺うのですが、
なかなか勉強になりますよ。
世の中いろんなひとがいるものなのだ、と。

コメント一覧
  1. mbd管理人 より:

    排水溝が詰まった?
    そんなことで電話がかかってくるのかね。
    大家とは大変なもんなんだね。

    「・・・はぁ。で?」

    なんて返しては勿論いかんのやろぉね(笑)

    結構ドッグランにはなつと
    「ここはサラダバーやぁ、食べ放題じゃぁ!!!」
    ってなる子多いのよ。
    うちにも折るよ
    ちゅぬんとかちゅぬんとかちゅぬんとか。
    ププ━(〃>З<)━ッッ!!!

    一応毎年昇給はしとるのよ。
    ただあとは役職が上がらんと無理になりつつあるけども
    私は出世したくない。
    もこれ以上責任負うの嫌ーーーーーーーーーー(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
    で役職返上したい派。

    • てかと より:

      かかってきますよ。
      世の中不思議がいっぱいだからね。
      当たり前じゃろーみたいなのは通じないことだらけ。SNSのリプみたいにはぁ?とか言ってはならぬw
      サラダバーwそういう子はドッグランもサラバダーって感じだなw

  2. 声なき声 より:

    私も、マンションに来てから排水口がスムーズに流れないトラブルを経験しています。
    おそらく、前の住人は「水きりネット」を使わずに使っていたようで、ごみ受けが目詰まりしていました。
    使い古しの歯ブラシでもって目の詰まりをとると、それだけで順調に流れるようになったのです。
    記事に書かれていた事例はともかく、中には入居者でも対応できることもあるように思うのですが。

    • てかと より:

      世の中にはいろんなひといるんで、
      思わず、なん・・・だと・・・
      とか受話器をもったまま凍り付くケースもありますね。だからこそ世の中うまくまわるんでしょう。俺はそういうふうにプラスに解釈してますw

  3. 馬場亜紀 より:

    この電話をかけてきたお方は、
    「大家さんが、業者に連絡してくれる」と思っていたのでは?
    それが正しいかどうかは別として、何とかしてくれる人=大家さん、という認識なのかなあと。

    • てかと より:

      そうなんですけどね。
      現場を目にしている当事者が、当事者の口から、当事者の言葉で業者に説明しないと正しく伝わりません、とか説明するんですがひどくむなしい。

  4. てかとさん こんにちは~♪

    不動産賃貸の最大のデメリットでしょうね。
    特に、うちのような老朽化したアパートは、クレームの宝庫ですから。
    土日祭日にかかわりなく、と言うか、休みの日に限ってクレームが入るのよ。
    で、仕事に復活したのを期に、不動産会社に管理をお任せいたしました。
    管理料はとられるけど、休日の安穏には替えられませんからw

    • てかと より:

      そうそれ。だから本格的にはとてもやれない!関わる人が増えれば増えるほどつらいw
      だからアパート一棟6~8室とか経営しているひとは尊敬に値する。ほどほどがいい、ほどほどが!

  5. ミドリノマッキー より:

    プロに頼む。これが一番だよね。
    で、入居者が連絡とって修理が終わったとして修理代はてかとさんが払うのかな。
    だとしたら、家賃が入ると浮かれてばかりはいられないということですか。

    • てかと より:

      払わないよ。俺の落ち度じゃないし。
      むしろ、俺の貴重な時間を浪費させおってオルアアア!ってくらいだけど。

  6. はる より:

    こんばんは(^^♪

    ふ~む、大家さんは厄介なことも多いんだ。
    そう言えば、お隣の老婦人もアパート経営されていて
    けっこう大変そうだもんなあ。

    ずいぶん前、戸建ての家を借りていた時に
    床下から水がごうごう流れる音が‥
    地下の水道管が経年劣化で破損したらしいの。
    その時に大家さんが地面から上のことは借り手の負担、
    地面から下は借主の負担といって修理してくれたってことが。
    おまけ:そういう事故の時は水道料は免除になるんだって。

    • てかと より:

      アパートはたいへんでしょう。
      アパート不動産経営の資料は取り寄せたことあるんですが、読んでいてもうマジ無理。あれはプロの仕事ですね。
      うちも地震で水道管が地下で破裂したとき、調査・修理したとき水道代は免除になったな。あれは負担してたらつらすぎるわー。

  7. 大家さんって大変ですね。
    イラっとしても態度に表せないですもんね(笑)。
    排水溝に油を流すという発想がなかったので
    そりゃ詰まるわと思っちゃいました(* ´艸`)クスクス

    • てかと より:

      揚げ物とか油を大量に使わないけど、うちだと鶏ももや豚肉をゆでるんですが、そのお湯は流しに捨てないようにします。
      脂が溶け出してて固まるから。油を捨てるのと同じなんですよね。結構注意してるんです。

コメントを残す

関連キーワード
コラムの関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事