Amazon.co.jpを語る詐欺メールって本当に面倒・・・

通販会社の大手Amazonの名をかたり、
個人情報を抜こうとする詐欺のメールが送られてきます。
なかなか巧妙で本当にAmazonっぽく作られているからたちが悪いです。

差出人を見るとAmazonのアカウントサービスであるかのようです。
しかしながら、メールを読んだか開封確認を求めていまして、
宛名をよくみるとあきらかに違うのですよね。


みなさんもこういう新手の嫌がらせにひっかからないように、
よくよく注意してくださいませ。

本文にある「こちら」「黄色い帯のボタン」リンクをクリックしようものならば、
最低でも個人情報は抜かれてしまうことでしょう。
ひどいものになるとウィルス、バックドア、パスワードの抜き取りなど、
ありとあらゆる嫌がらせが仕込まれます。

それにしてもよくできている本文です。
日本語が不自由な本文の詐欺メールも多いのですが、
洗練されてきているというか。
おそらくリンク先のページも同様の仕込みであることは想像に難くない。

通販にAmazonを使っている方も多いでしょうし、
このようなメールがきたら迷惑メールのチェックをいれて、
スパムとして扱うしかないです。

さすがに迷惑メールのキーワードにAmazonを設定するわけにもいかず、
なかなか対処が面倒な部類です。
もっと楽な方法があればいいんですけどね・・・。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事