庭の梅の木に実がなってた!が、あれ?

2019年4月上旬、日本全土はあちこち桜の咲くシーズンになっていた・・・。
地元茨城でも桜まつりをやっていると広報に載っていたほど。
時の流れの必然、あらがうことかなわじ。

もう春か、こんなの絶対おかしいよ!!
とばかりに頭を抱えても髪をかきむしったりはしない。
古来、髪は長い友という・・・。
ぼっちだけど友くらいいる、友は大事にするものなのだ(苦笑)。

さて正月の話題を書いてからまだそんなに日数が経過した覚えはなく、
まさかもう学生さんが春休み終わっちゃうーとか、
泣き言をいう時期がこようとは。

梅の実がなっているのを発見

さて、話は戻って桜の花はあとで見に行くとしてですね。
我が家の庭で梅の実がなっている
のを発見しました。
2月にはつぼみしかなかったのに早いもの。

蜃気楼がゆらゆら浮かぶ砂漠で

無線担当
敵の潜水艦を発見!

と打電するくらい慌てました。
関東は茨城県水戸市だといまごろなんですなぁ。

南は九州じゃ梅の実がなっているというブログを目にしたのは、
半月以上も前の話だったと記憶しています。
待たせたな!という心地です。

割と手間のかかる子

そんな風物詩の梅も春がくれば必ず大量の実をつけるってわけでもないのよ。
マンボウから生み出される1億を超える卵とは違う。
そんなチート性能だったら紀州南高梅の梅干しが、
あんなに高いわけがないであろう・・・。

しかるに我が家の梅もまた同様であります。
いいかげんでほったらかしの雑な放置プレイと、
周囲の雑草を抜いて肥料をやるだけでも収量が全然違うのです。

てかと
梅は放置されて悦ぶMじゃないってことですね。

 

栄養が必要なのは生き物のさだめ

まぁ、こんなの当たり前なんですよね。
現代人だって甘いもの、辛いもの、脂ぎったもの。
ようするにおいしいものを食べなきゃテンション下がる。

難病、アレルギーでごちそうが食えないひともいるが、
命かかっているからね、仕方ないね。
俺も甘味断ちしたことあるから少しわかる(明察)。

梅だって雨水だけでは生きているハリがない、
やる気がでないというものでしょう。
実をつけるのだってエネルギーがいる。
虚無から有の産物は生み出せないのだった。

思っていたのと違う!

そんなわけでせっせと肥料をまいてた昨日、
梅の木に実がドバドバ生っているのを確認しました。
思わずぐっとガッツポーズをして写真を撮っていますと、
「あれ?なんか微妙におかしくないか?」
ということに気づきました。

強いてあげれば、開花50%とかって説明で言っているのに、
桜が満開の写真をSNSにアップしたかのような卑怯さ、
重箱の隅をつつく軽度の違和感とでも申しましょうか。

こちらの写真をご覧ください。

夕日差し込む西側から撮った梅の枝。


日の出を浴びて東側から撮った梅の枝。

東側から撮影したらものすごいまばらなんですが、それは。

西側から実がなるふしぎ発見?

そういうもんなのかな。

根っこから吸い上げるエネルギー量って、
東西南北で差でもあるのかな、とか。

義務教育で学んだのは、
光合成をする、
窒素・リン・カリウムが必要、
せいぜいこのくらいだからな。
※細胞分裂とか呼吸とかまるっと割愛。

去年を思い出すと梅落としの6月前、
西側の枝だけが豊作とかそんなクレイジーなことはなかった。

てかと
梅 西 豊作とか検索したらタケノコでてくるのは、
なんでなんだぜ?

この素朴な疑問、検索ワードが悪いのか、
この謎にぶちあたることはなかった。
いやむしろ、検索結果にまったく関係ない記事がでてくる分だけ、
大掃除の最中に漫画を読みだす子供のような諦観すら漂う。

小学生の観察日記級に毎日梅の木を見ていた俺だから、
かろうじてわかった差分でしかないので検索需要が
あろうはずもない。
まったくマイノリティな話題なので恐縮至極。

しかしまぎれもない事実でもある。
これが西側から実がついて東側はこれから本気を出す、
という都合のよい流れならば特に問題はないんですが。

まとめ:試したいことを思いとどまる勇気も必要か

面白い実の付き方をするもんなんだな、と季節のうつろいを
まったり感じておりました。

いや決してですね、
西側の梅の枝をもっさりはやし、
東側の枝を剪定しまくれば肥料配分の関係で
実は早く一杯とれるんじゃないか?

などと考えてはいません、決して。
ちょっとイメージしてみてください。
そんなアンバランスな形に整えられた梅の木があろうか?
いいやない。

前代未聞というか、
寡聞にして知らないというか、
三大庭園と言わしめる地元の偕楽園でも見たことがない。

そこは少年の冒険心、好奇心がうずくけど試すわけない。
さながら自慢の娘の美しい
黒髪ロングをモヒカンにするようなもの。

西か東かという話の流れだとサイドポニーにする気もするが、
日本男児たるもの細かいことを気にしてはいられない。
大事の前の小事なのだ。

だってもう春なんですよ?
少しくらい頭のおかしいことを言っても、
「春だな」
で済ませてもらえるじゃないですか。
たぶん。
だといいな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ ←お情けでクリックよろしくおねがいします。上を目指すぜ・・・。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事