運用損益って、最新データを見ないと落ち着かない。

めっちゃくちゃ冷え込む関東地方。
もはや去年の12月のほうが暖かったのでは?
冷たい雨が丸一日降りしきる室温は10度くらいまでしかあがらない罠。
ファンヒーターとか主力暖房は片付けたから、
こたつテーブルしかなくって困りましたよ(苦笑)。

さて、体の芯から冷え切ったところでふところの話をしてみます。
ふところも冷えてたら生きた心地しませんしね。
「衣食住足りてはじめて人は礼節を知る」という。

いつもハングリー状態だと礼儀とか言ってる場合じゃないしな・・・。
食い物求めて世紀末感だしていくはめになるだろう。

俺のような社会のレールからとりゃ!と飛び出してしまったものも、
みなさまのような紳士淑女の見た目は仲間でいるために、
ある程度余裕がなければなりません。
見た目は、ね。ぱっと見で。そこ重要。

取引残高報告書を見よう

そんな寒ーい春の日。
投資会社から1月のNISA枠で購入したファンドの取引残高報告書を
作ったから目を通しておいて、というメールがきましてね。
そういえばもう4月、運用をはじめて4か月が過ぎた。

1月に購入したファンドは今もほっとんど基準価格が動かない。
動かざること山のごとし。

それでも毎日毎朝チェックしているんです。
こういうファンドは本当にありがたいと思います。
蚤の心臓と言って過言ではない我がハートにやさしい。
例えるならば実家のような安心感、
延々クラシックを聴かされる胎児の気持ちです。
胎教って記憶残るのかな、胎児どころか三歳ですらほぼ覚えてない。

と言っても一瞬で終わる。

早速チェックしてみたんですが1銘柄しか投資してないから、
一瞬で終わるんです。
リスク分散するほど好条件なファンドが手動サーチで見つからなかった、
というのもあるんですが・・・。

本当にでいい。(笑)

その資料によると運用損益数値で+8万円弱だとかでているわけですが、
ならいいじゃん、ということにはならない。
これ資料作成日付が4月頭、最新じゃないんですぞ・・・。
孔明の罠だ、ひっかかってはならぬのです。
所詮、PDFの紙媒体よのう。(上から目線)

トータルリターンは最新情報を見たほうが安心

結局、投資会社のサイトにログインしていれば閲覧できる、
口座情報のトータルリターンという情報を探してチェック。
以下のようなステータスでした。
8万どころか6万未満だぞ。

これこそ毎日見るものでもないけど。
心の安寧を得るためにみるような(笑)。
基準価格の毎日チェックはいましめのようなもの。

それと+4.99%という数値。
思ったより高くない印象。

てかと
思ってたほどじゃない感。
でも銀行預金よりはるかに高いな。

もっとリスクを取る高い数値をたたき出す銘柄はあるだろうけど、
俺の心臓がもたない(苦笑)。
評価金額-買い付け金額+分配金額を年率ベースでだしたものっぽい。
もっと増えている気がするんだけど・・・。
気のせいだった模様。

別口で投資しているソーシャルレンディングとか
表記上の数値は年利6.5~10%とかあるんですけど、
ほぼ5万円で分配金額は毎月200円くらいですからね。
もらえる金額を見ていると非課税枠のNISAのほうが、
分配された金額ははるかに多い。

つまり・・・
源泉徴収税の20%弱はかなり効いている!
ということなのか、と思いを新たにしたのでした。

税の番人
投資会社が勝手に納めてくれてらくだぜー。
ヒャッハー!
てかと
本来は自分で計算して納めるもんなんだが、
太閤検地の国は一味違う、きっちりむしりおるわ(笑)。

 

まとめ:このままプラスでいってください、お願いします(祈り)

まぁ、願わくばプラスになって来年の増枠まで続いてほしいなー、と。
正直、俺にできることはもうないのだよな。
ファンドに資産を放り込んだ以上、
ソシャゲのガチャのようにお祈りくらいしかない(笑)。
最低でも塩漬けで年末までもってくれ、と。
NISAは1年120万円枠しか使えないし、途中退場が一番きつい。

お祈りと言っても神棚に下がりませんように、というくらい。
怪しげな黒ミサや加持祈祷の護摩壇は俺にはハードル高い。
しかもぼっち黒ミサ儀式とかいたたまれないというより痛い

とりあえず、心臓が強くてまめにチェックしないひとも、
取引残高報告書や運用報告書は読んだほうがいいんだね、
くらいのノリでした。

今はプラスだからいいが、もしもマイナスになると
画像の赤い文字が青くなるのだろうか・・・。
青い文字は見たくねーな。(震え声)

ま、まぁ過去10年実績をみて大丈夫そうなファンドを
2週間も吟味して選んだのだが、落ち着かないったらないね。

それを思うと会社員時代に株式とかFXとかやっているブロガーいるけど、
仕事中とか気になってしょうがないんじゃない?
俺なら仕事に集中できないわ。
投資は時間に余裕ができる会社辞めてからのほうがいいな、
とあらためて思うのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ ←お情けでクリックよろしくおねがいします。上を目指すぜ・・・。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事