散水ホースリール。庭付き戸建ての必須アイテムです。
管理が悪くてしまい忘れなど長時間、日にさらされるとホースのゴムが焦げてただれたたような状態になります。
日焼けしたホースの寿命は著しく劣化するので破裂・断裂する前に交換する方法です。

takagiの散水ホースリールです(安いやつ)

今回は経年劣化と日焼けのひどいホースリールと水道蛇口をつなぐ1.5mほどのホース部分だけを交換します。
この1.5mのホースがだめになったくらいで製品全体を新品交換するほど、
俺は断捨離の鬼と化してはいません。
てかと
道具は手入れを行い大事に使いたいです。

(幼少時、そういうしつけを受けました)

まずホースを購入

今回はホースの長さが1.5~2mと非常に短いのでネット通販を使いません。
内径12~15mmサイズであればtakagiのホースキャップが固定してくれるので、
ホームセンターで計り売りしてもらいました。

10cmから販売してもらえますので、長さの細かい指定ができます。
ホースの仕様は内径15mm。ねじれ防止。
店員の説明によりますと、切ってしまったホースは後日レシートを持って行っても返品は受け付けないそうです。
さすがにそこまでは無理だった模様。
長い分には切り落とせるので、余裕をもたせておくといいかもしれません。

散水ホースリールへ接続

ホースリールの取水口から伸びているホースはご覧のように日焼けでただれております。
いつ穴が開いてもおかしくないと言えますか。
お待たせしました、購入してきたホースの取り付け手順を説明していきます。

ホースリール取水口から伸びているホースキャップを回して外します。
このあたりの機構は単純でよくできてます。
ホースを外したら両端のホースキャップを外します。
内側のナット(左)、外側のキャップ(右)の2つのパーツをなくさないように。
新しいホースの両端にホースキャップを取り付けます。
散水ホースリール側はこのようになります。
水道蛇口側はパーツ3つで構成されます。
取り付けを間違いないようにお気を付けください。
散水ホースリール側に新しいホースを取り付けます。
水色のキャップを回ししっかり奥まで固定します。
最後に水道につなぎ、水を出してみて水漏れなどないことを確認して作業終了です。
おつかれさまでした。

 

内径は12mmがベストだった!
ホースを買う前に内径を測ってなかったんですが、どうやらこの商品の内径は12mm外径15mm程度のホースだったようです。
取り付け時にナットをはめる作業で苦戦して思わず苦笑い。
内径15mmでも気合で入りますが12mmのほうがホースが安いのでそちらをお薦めしておきます。
教訓:買う前にホースの内径くらいは調べましょう。
てかと

まとめ

ぼろぼろに日焼けした部分のホースだけを新品に交換して散水ホースリールをよみがえらせました。
なおホース代金は360円、10年経ってもまだまだ現役で使える商品です。
メイドインジャパン!バンザイ!

読んでくれてありがとうございました。

この記事がみなさんの役に立てば幸いです。

コメント一覧
  1. みかん より:

    今の時期 必須アイテムですから
    補習して 使えるようにするのがベスト
    散水ホースは 毎回 仕舞うようにしています
    出しっぱなしだと 劣化が早いですからね

    • てかと より:

      ほんとこれに尽きます。
      面倒でも毎回屋内にしまったほうがいいですね。
      今時はコンパクトに収納できるデザインのものまでありますし。

  2. まこ より:

    うちではケチってホースリールなどという道具を買ってませんでしたw。ホース「だけ」を買い、蛇口につなぎまして、要らない時はぐるぐる巻いてフックにかけておくという…。
    なので、ホースリールのホースが水道から本体、本体から、ホース…というつなぎ方になっているのを初めて知りました。
    うんうん…知識は大事。
    人のブログを読むのはこういうのが楽しいのですよね。

    • てかと より:

      うちも散水用のホースリール買うまではそんな感じでした。ひと夏すぎるとホースが茶色になってあまりよろしくなかったんです。
      毎回ホースを収納をする、と考えるなら一台ホースリールを購入してメンテナンスまでやったほうが長持ちするな、と今は考えるようになりました。
      しかも、たいして高くないんですよ。ポケモンのゲーム機とソフトウェアのほうが高いから(笑)。

  3. ジョニママ より:

    持ってもいないホース
    真剣に読み込んで
    なるほどとか思ってしまいました。
    自分が使わないものでも
    読み物としても楽しかったです。
    お疲れさまでした。

    • てかと より:

      所持してもないホースのネタを読んでくださってありがとうございます!
      この記事がジョニママさんの知的好奇心を刺激して日常生活のどこかに役に立てば幸いです。

  4. 声なき声 より:

    戸建ての家に住んでいたときに、水やりでホースを使っていました。
    ホースにつけていたノズルが壊れて、100均で買ったもので代替したことを覚えています。
    夏のうちの何日かしか使わないものですから、それで不都合はありませんでした。
    しかし、今年のような日照続きだとどうなっているのやら・・・。

    • てかと より:

      マンション暮らしだとホース使うことはなさそうですもんね。
      ベランダに植物を置くくらいならじょうろでいいし。
      嫁さんの仕事場になった自宅は様子見に戻ることもなさそうな感じですね。

  5. mbd管理人 より:

    ハーレーは1階で売ってるのよ。
    2階がドッグラン。
    経営者は同じ。
    ・・・なんで?
    みたいな(´∀`*)ウフフ♡

    なんか交換したホースの部分だけがピカピカで
    ちょっと笑ってしまった(笑)

    • てかと より:

      なんで?ってなりますよね。高級バイクとドッグラン。
      そういわれてみるとメラスポとか使って全体をピカピカにしてみるのも一興な気がしてきます。

  6. Coco より:

    DIY の国イギリスだと、ごく当たり前の様にみんながやっている事も
    サービス天国の日本だと、簡単な事でも自分ではやらないんですよね〜。
    数年前に日本の家のウォシュレットが壊れた時、偶々日本に帰省していたので
    ホームセンターでウォシュレットを買って来て、勝手に取り替えたら
    めっちゃ驚かれたのを思い出しました。
    とても簡単なんですけどね〜。
    大概の事って、本当はDIYで出来ますからね〜
    DIYを実践した成果をどんどん公表して、知識と経験を共有する
    とても良い事ですね (*^▽^*)

    • てかと より:

      そういわれてみると柱の洗浄からペンキ塗り、屋根のしっくいも業者のやる仕事ってイメージがあります。
      自分でやるのが一番な気がするから仕上がりの美しさを無視してやってます。
      こういうことはどんどん自分でやって経験にしていったほうが面白いですよね。
      ただし、ひとを選びますね。高い知性、器用な手先、恐怖耐性とかないとできないことも多いですし。

コメントを残す

DIYの関連記事
おすすめの記事