鶏の手羽元肉は比較的安価に買える鶏の骨付き肉です。
手羽元肉はお酢で煮込むことで骨からさっと肉が外れて面白いのと、骨や鶏皮からもゼラチン質が大量にでてお肌にもよいです。
今回は手羽元肉のおすすめレシピのひとつを紹介します。

手羽元の骨いらないよね?もも肉でいいんじゃ・・・

そう思っていたときが俺にもありました。
可食部の肉だけ焼いて食べるなら骨があっても意味がない・・・、と。
違いました。
この世のすべてのものにはきちんと存在する意味があるのです。
そう、骨ですらも!
まずは手羽元の特徴を説明していきます。

1コラーゲンが大量に含まれています

女性なら誰しも一度は耳にしたことがある名前。
美肌効果、アンチエイジングに効果のあるコラーゲンが鶏の肉、皮、骨には大量に含まれています。
鶏の手羽元肉は安価に手に入る上に骨がついており、一緒に煮込むことで大量のゼラチン質を摂取することが可能です。
男がコラーゲンとか気にして超ウケるんですけど?(煽り)
男も洗い物をすると手が荒れるんですが、なにか。(反駁)
今時の男性陣は女性を差し置き厨房に立ち、料理もすれば平然と洗い物もします。
てかと
冬の洗い物は大変ですよね。(主夫並感)

食器洗剤で手は荒れガサガサになる男性陣もいるということです。
手羽元肉の煮込み料理をスープごと食べるようになってから食器洗いスポンジを握る利き手の手荒れがだいぶ改善しました。
コラーゲン、あなどりがたし。
ここに注目皮膚科で長い時間待たされて手荒れ防止軟膏の処方箋をもらったり、
医局・薬局でスキンケアクリームを買う必要はすでにないと言えましょう。
まさに医食同源ですね。※効果に個人差があります。

2圧力なべで煮てしまえば初めてでも簡単!

鶏、豚、牛肉をフライパンで焼く調理と比べた場合、手羽元肉は焼く料理には向いてません。
でこぼこがあり熱を通しにくい上に中心には指ほどもある太い骨が通っています。
この難物な手羽元肉の凸凹形状でも煮込み料理にすれば万事解決。
値段も3000~5000円ほどで買える商品です。
てかと
圧力鍋で煮れば時間も光熱費も短縮。楽だと言えましょう!

手羽元肉の甘酢煮レシピ

手羽元肉は下処理のいらない簡単調理ができます。
手羽元肉を圧力鍋にいれて火にかけるだけでよいのです。
なんて楽なんでしょう(自賛)

材料

  1. 手羽元肉 8~10本
  2. 甘酢 1カップ(肉が隠れるくらい)


材料はこれだけ!
我が家では白菜や柚子、らっきょうを漬けるときのお酢を保存瓶から取り出して、手羽元肉を煮ています。
簡単に甘酢を求めるならば、ミツカンの商品で「らっきょう酢」というものがあります。

作り方

鍋に手羽元肉をしきつめ、甘酢を肉が隠れるくらい注ぎます。
圧力鍋に蓋をして火にかけ、圧がかかったところで弱火にして10分煮ます。
熱々の状態だと骨から肉がほろほろ外れて食べやすいです。
煮込み終わった手羽元肉と甘酢をタッパーにつめて粗熱をとったら冷蔵庫へいれて保存します。
煮汁の甘酢と一緒に冷蔵庫で冷やしますとゼラチン質は凝固して煮凝りになります。
そのままスプーンで一緒に食べるととっても美味です。
ここに注目コラーゲンは冷やされて形を変え凝固していますが熱を加えると元のスープに戻ります。

おいしくなるコツ

夏は冷やしてひんやりゼリー、冬は温めほかほかスープにするのも良し。

こんなにプルプル!コラーゲン!

スプーンで掬って塊がとれるほどに煮込んだ甘酢はヨーグルトのように固まります。
プルプルです。味も濃厚でたまりません。

甘さを抑えたかぼちゃサラダと鶏の手羽元煮の煮汁をいれて軽く混ぜると絶品です。
単品だと味の物足りないサラダも組み合わせて旨味を摂りこむことで一気に変質します。

以上が「コラーゲンたっぷり、甘酸っぱい手羽元煮」メニューでした!

まとめ

ご褒美メニューのひとつです。我が家では野菜の漬物で使った甘酢を使うリユース料理で消費しています。
手羽元肉のコラーゲンを摂取して、すべすべお肌を取り戻したいあなたにお勧めします。
これがお手軽なアンチエイジングメニューです。

 

読んでくれてありがとうございました。

この記事がみなさんの役に立てば幸いです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事