最近の広告は時代に合わせて多様化してきており、ポストにチラシを放り込んでいくポスティングというビジネスが蔓延しています。
テレビを視聴しない、新聞を読まない世帯は企業広告を見る機会がないですから企業も必死です。
ただ、必要ない広告は見たくない方もおられるのでポスティングを止める方法を紹介します。

止まらないポスティング、積まれていくチラシの山

クーポン付き広告や割引きサービスのお知らせを投函してくるポスティング。
受け取る側には拒否する方法も意思表示もないかのようにポストにチラシを放り込んでいきます。

我が家のように独身世帯でセミリタイアスローライフ生活に突入しますと・・・。
今日は疲れたから家事を休んでレストランで食事しよう!
とかいう家族のだんらん、心温まるシーンは一切起こりません。

すなわち、ファミレスのクーポンはいらない、となります。


ともかく欲しい情報はインターネットで検索して店の情報を調べますので
紙媒体の広告は不要といいますか。

クーポンもネットで配布してスマホで受け取ることができますし遠慮したい。
てかと
まぁ、我が家の場合、そのスマホもないのですが・・・。

ポスティングサービスを止める方法はないのか?

過去、仕事であちこちへ異動を行った体験上、引っ越し先のマンションや
アパートなどの
集合住宅暮らしですとポストの横に紙ごみを捨てられる
ゴミ箱が設置されていました。

確かにいらないチラシだからゴミ箱へ、というのはわかるんですが、
そもそもいらないものを毎回もらう設定にしているのが
そもそもの間違いだと考えます。

例えばメーリングリスト。
不要になったら配信停止をすることが必ずできるようになっています。

この世の大半のことがらは大本で止めることができます。
水道の蛇口もコックをひねれば水は止まるように、ポスティングも配信停止をすることができるのです。

では紹介しましょう。

ポスティング広告を止める方法

ポスティングで投函されたチラシには、広告だけではなく新しいポスティングを行うスタッフ募集のチラシも入っています。
ちょっと考えればわかると思いますが、真夏で40度を超える日も真冬で雪の降り積もる日もポスティングは一軒数円で働くのです。
常人がとても長く続けられるとは思えませんし、絶えず新たな配達員の募集をかけるのは当然でしょう。

その配達員募集のチラシがポイント、要点になります。

ポスティングを行う広告代理店のチラシを手元に用意します。
いろんなサービスのチラシが入っていますが、広告代理店のチラシだけが本命です。
ポスティングしてきた広告代理店の連絡先がのっているので、チラシを見ながら電話をかけます。
要件は手短に。受付担当に以下を告げてください。
  1. ポスティングを止めてください。
  2. 住所と名前を告げて電話を切る。
これだけです。
ここに注目イベントの近づいたチラシやクーポンが欲しい場合など臨機応変にポスティングを再開してもらえるようにお願いをすることもできます。
配布スタッフが変わると稀に入ることもある。
この方法でポスティングはピタリと止まるでしょう。
わずらわしさから解放されて地球の限りある紙・森林資源を浪費せずに済みます。
ただし配達員が変わった場合、代理店の申し送りや引継ぎ、周知徹底が適当な代理店の場合はポストに投函されることがあります。
そのときは苦情を告げて止めてもらえばよいです。
ポスティングブレイカー

まとめ

所詮、ポスティングもサービスのひとつ。
不要になったメーリングリストの配信停止のようにいらないサービスはお断りができます。
あなたにとって必要な情報だけを取捨選択することが肝要です。

を読んでくれてありがとうございました。

この記事がみなさんの役に立てば幸いです。

コメント一覧
  1. mbd管理人 より:

    へぇ。
    連絡したらポスティングって止まるんや。
    うち職場にかかってくるFAX。
    やめぇい言うても相変わらず
    広告FAXがかかってくるっちゃん。
    ポスティングとは違うんやろかのぉ~。

    (゚ω゚)(-ω-)(゚ω゚)(-ω-)ゥィゥィ
    犬子の成長は早いけん
    あっというまに成犬と同じ大きさになるとよー。
    パピコの時代は短しっ!

    まぁ肝臓言うても
    できもんみたいなもんやけんねぇ。
    脂肪分は私ついとらんとよー(笑)

    • てかと より:

      止まりますよー。
      代理店の配布禁止リストに住所と名前がのって配達員に徹底される、という仕組み。
      ただし、配達員が暗黒面に落ちていてこの家、配達禁止だけどいれちゃえとかいう行動にでる場合はとめられません。
      その都度、フリーダイヤルに電話してまたポスティングされたんですけど!みたいな電話をすればなんとか。
      結局人間次第です、はい。

      パピーのときの管理人さんの犬リスト、げっつん先生しかしらんのですよ。
      ♀に使う誉め言葉じゃないのかもしれないけど一歳のころはワイルドさが増してたよ!

      ぐぬぬ・・・。そんなフラグみたいなこと言ってどうなっても知りませんよ。
      脂肪肝仲間はいつでもウェルカム。
      こっちこいよ!!

  2. みかん より:

    電話連絡するのも面倒だわ 
    2~3前に 新聞 やめたんよ 
    そしたら 広告だけが ドサッと
    はいっとったわ 

    • てかと より:

      その広告いれられるのを止められるのに電話一本いれるのも面倒だとはたまげたなぁ・・・。
      貴重な意見ありがとうございました。
      今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

  3. 声なき声 より:

    私のマンションにも
    ”ポストの横に紙ごみを捨てられるゴミ箱”
    がありますので、そこに入れています。
    さしたる手間ではありませんので、なされるがままにしております。
    「元から止める」という意味合いでは効果的なアイデアだと思います。

    • てかと より:

      それでよいならば、それでよろしいかと!
      貴重な意見をありがとうございました。
      今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

  4. 匿名 より:

    こんにちは(^^♪

    ポスティング、うちのとこは週に一度数枚入るだけなので
    そんなに気になりませんけど、
    「元を断つ」気が付きませんでした。

    うふふ、カツゲン、さっぱりしていておいしいですよ(*^^*)
    入試の時期にはゲンを担いで「勝源」と表記されるの。

    • てかと より:

      へー、面白いですね、カツゲン。落ちないリンゴみたいな。
      茨城にはそういうのあったかなぁ。
      納豆くらい?粘り強く、みたいな。

      ポスティングは印刷して配る側もある程度わかっているんでしょうけど、読まずに捨てられちゃうんですよね。
      それが他人事とは思えないんです。なんか無駄なコストだなーと思うとうちでは止めたくなるんです。

  5. てかとさん こんばんは~♪

    ポスティングってそんなに多いんですか?
    うちは一日当たりせいぜい2、3枚ってとこらしいですよ(女房に聞いてみたところ・・・)
    バブルの頃のダイレクトメールは半端なく多くて、なおかつ、一通一通が分厚くてホント迷惑でしたね。
    最近は、アパートやマンションが主戦場で、一戸建ては少なくなっていると思っていたのですが・・・認識不足ですかね。
    それとも、高齢者の住宅は避けているのかw
    それはそれでさみしい気もするな~!

    • てかと より:

      新聞をとっている世帯には折りこみチラシが入るので、ポスティングする必要はないと思うんですよね。
      我が家のように新聞もテレビもないという奇天烈は家をポスティングのターゲットにするのは効果あると思うんです。
      でも、断るのは紙媒体の広告が不要だから。
      利用する店舗はこちらで選びたいんです、ただそれだけ。

  6. kaja より:

    これって迷惑なの結構あるんですよね。
    ただ、たまにクーポンついてると使っちゃうんですよ。
    住宅系のやつはいらないので、クーポンついてるのだけ入れてくれたらいいんですけどね(笑)

    • てかと より:

      ピントのあっていないチラシ、たとえば持ち家のひとにマンションをすすめるチラシとかも需要ないですもんね。
      連絡すれば飲食系だけください、という指定も可能かと思われます。
      なかなか高度な指定ですね。

  7. 八咫烏 より:

    私のマンションには(どこもそうかわかりませんが)ご丁寧に、ポストの下にゴミ箱が置いてあります。ポストの中身をとって、捨てて、はいおしまい、と。こんな一連の流れ作業ですね。電話して止めてもらうのもありですが、なんか電話することさえ面倒な私です。

    • てかと より:

      マンションの一室を借りて似たような暮らしをしていたので経験があります。
      当時はポスティングの止め方を知らなかったので紙ごみとして読まずに捨てていました。
      マンションの一室だけ止めて、と連絡しても止まるかどうか。
      配る側は面倒だから全部いれそうですし。

コメントを残す

コラムの関連記事
おすすめの記事