先日患った39度の胃腸風邪。
丸二日、食欲が出ずに野菜ジュースで耐え抜いたのですが、
翌日は液体しか口にいれてないから下痢がひどい。
腸にいた善玉菌とかみな全滅してたんですよね。
今回は俺楽流民間療法、解熱後の対応です。

胃腸風邪は本当につらい!

ブログ友達に教わった胃腸風邪。
咳が出るわけでもなく食欲がなくなり発熱して倒れる。
この症状だともっとも体に優しい対応が、
入院して朝昼晩と栄養剤の点滴を受けること。

でもですよ?
全然楽じゃないと思います、その対応。

中二病少年
く、くるしい。この体は病んでいる・・・。
医者
初期の風邪くらいで病院くるなよ

内科医の病床には限りがある。
己の不摂生を怠り、たかが風邪ごときで入院して、
食事を遮ってブドウ糖の点滴を受ける・・・。
なにさまですか?お金持ちですか?すみません。

お金持ち
金ならあるぞ!
さぁ、どんどんブドウ糖を点滴しなさい!
てかと
元気なやつだな。
すっぽんの生き血でも点滴してろ(笑)。

かなり以前、風邪をひいたときの記憶です。
一日、大部屋入院費で5000~10000円。
点滴を3回うけたら一万円くらいかかるのでは?
それだけで高く見積もると2万円ってところ。

将来、赤字行政から保険の適用範囲から風邪は自己責任って判断になったら、
3割負担からこの3倍はかかるようになる。
そういう最悪の未来も見越す必要がある。
社会保障費の増大が叫ばれる昨今、この逆はないはず。
風邪で数万円飛ぶようになれば、まったく楽じゃないですね(笑)。

点滴とか贅沢、野菜ジュース飲もう

つまり、たかが胃腸風邪、されど胃腸風邪ごときにブドウ糖なんて点滴を受けて
入院することほど財布には優しくない未来が待っている。

費用対効果を考える(貧乏並感)

野菜ジュースを1リットル1パック買って一日飲んでも200円程度。
横浜にいたころ風邪ひいて倒れた時、点滴を受けたんですよ。
おぼろげですが、ブドウ糖液を1パック点滴受けたら保険が効いても3000円くらいかかったような。

そのほかに処方箋、診察の代金で5000円くらいまでかかった。
もう入院とかご辞退申し上げたい。
ステーキ肉とかうまいものがたくさん食べられる金額です。

俺楽流自宅療法、もろ刃の剣すぎる

ただし、胃腸にダメージを受けているときに野菜ジュースを飲めばおなかは下す。
これが嫌なら入院して点滴受けまくって一日2万円くらいだせ、って話。
割に合わない話だと思っております、はい。

てかと
果物ジュースつけても1000円もだせば、もう十分。
今なら栄養ドリンクもつけよう。
医者
点滴は体が楽だぞ!
こっちこいよ!

ずばり腸内洗浄したも同然

野菜ジュースで超安価に胃腸風邪の対応をするのはいいんですが、
しばらく下痢が続くんですよね。

ウイルス
ヒャッハー!汚物は消毒だ!
てかと
言っていることはわからないが、下痢がつらいです。

この対応として、なにもしないで苦しむという選択肢はだけはない。
知恵を使わずして、なにが万物の霊長か。
さっそく対応開始。

ヤクルトのセールスから学ぶ

以前、ヤクルトのセールスがきたときに乳酸菌の重要性の話を伺ったんですが、
腸内に善玉菌が大量にいるひとは病気の免疫機構がすさまじく活性すると
聞かされました。

どうやら加齢によってガンと戦うNK細胞は減少し90代にはほぼいなくなるという。
だから高齢者はガンになってようやく死ぬ、という仕組み。
長寿の果てにこの世の業を背負ってやっと逝くという感じです。
つまり生きている間、健康でいたいなら乳酸菌飲料を買ってね!
というセールスの話に落ち着くわけです。よくできているまとめだった。

つまり、どういうことなのか?

欲しい情報はそれで十分。
「風邪と下痢で失った腸内細菌、
 善玉菌を腸内に大量に補充すればよい。」

野菜ジュースの食事で下痢便として排出されてきれいになった腸に、
ふたたび善玉菌を人為的にいれてやる必要がある、と。

食欲が復活したらヨーグルトを食べる

ヤクルトでもいいと思うんですけど、とにかく腸内がすっからかんのまっさらの状態ではいけない。
NK細胞とか白血球とか細菌が免疫能力を全力を振るうにも環境ってものが重要。

毎食後、下してもいいからヨーグルトを食べるようにします。
1パック450g程度の150円前後で買える無糖のヨーグルトとかで十分。
こういうものを買ってきて、朝昼晩を食べ続けると早く復活します。

効果に個人差はあるでしょうが、わたしの場合はこれで胃腸風邪のひどい下痢から
回復しました。熱がひいても下痢が続くとか最悪です。

風邪ごときで内科いくのだるいわ。自宅療養だ!
発熱したときは野菜ジュースで腸からビタミン、糖分を摂り、
解熱したら乳酸菌を体内にいれて腸を癒す。

これが俺楽流の風邪対処。
胃腸風邪に苦しむどこかのだれかの参考になれば幸いです。

てかと

 

まとめ

寒い季節、思わぬ体力の低下から風邪を患うことはあるが、
リカバーがうまくいけばロスは二日程度ですみました。
買い物とかも怖いんですよ、いつ出先でおなかを下すかわからない。
これで胃腸風邪も怖くない!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事