2018年7月20日は土用丑。我が家でも鰻を食べることにいたしました。
それも格安の食材費200円前後です。ではどうぞ。

平賀源内のキャッチコピー「土用丑にうなぎを食べよう」

江戸時代中頃の蘭学者である平賀源内先生。
冬眠前に脂がのるうなぎをどうにか夏に売りたいうなぎ屋のために「土用丑」にうなぎを食べると体によいとキャッチコピーをおつくりになった天才です。
その風習は現代も続いており、小売店のチラシを見れば土用丑と名を打って鰻のセールが行われております。

江戸の町人の名誉のために補足しますと「ちょろい」のではなく、現代人も「節分に恵方巻(コンビニ大手のキャッチコピー)」とか言われれば飛びつきますよね。
いえ、かぶりつくというのでしょうか?この場合。

人の本質は変わらないようです。
小生も浅学菲才の身ではありますが、生涯でなにか新しいキャッチコピーをひとつくらいは生み出したいものです。
「小暑にメロン」みたいな。それっぽいやつをひとつ。

うなぎ一尾で中国産980円、国産1580円という値付けを発見

グラム数表記がなく重量がわからないのですが一尾130~150gくらいだと思われます。
結構な値段しますよね。
このまま小売店の言い値で買ってしまうとうな丼を作ったときの値段が米一膳100円としても1080円。
生々しい例え話になりますが肉卸店で外国産鶏もも肉が2kg超買える値段です。
このままではエンゲル係数だけがうなぎ登りと言えましょう。うなぎだけに。
ひとつ提案をしたいと思います。

魚屋、魚市場で鰻の切り落としを購入してくる方法

小売店の鮮魚コーナーや弁当屋で鰻を購入すると値段は1000円超えてきます。
それもそのはずで、あの鰻には見た目の美しさ、形の良さが代金に含まれており、その状態の良さで販売する値段が込められているのです。

上級層やグルメライター、インスタ映えを狙うSNSいいね勢が鰻を食べる分には美しさを問われるでしょうが、大多数庶民には無関係の要素です。

身も蓋もない人間の消化の仕組みを考えますと、お腹に鰻がはいれば胃が消化して腸が鰻の栄養を吸収するころにはドロドロの状態です。
ということは土用丑に鰻を食べるという条件を最大使命、マストとした場合、鰻の形状、産地とかはどうでもよいと考えます。

鰻の切り落としは安い!

唐突ですが、この下の写真をごらんください。
地元の卸売市場の鮮魚仲卸店が販売してくれた中国産鰻の切り落としパックです。

中身は冷凍した鰻を串に刺したりタレをつけて焼いたりしている間に身が崩れたりしたものを魚屋がかき集めて大鍋でタレで煮たものでしょう。

一見すると
「皮ばかりで身がないんじゃないの?」

って思いますよね。手に取った人がみんなそういうのです。

しかし、にんじんの栄養は皮に一番濃縮されているという知恵袋的発想もありまして、タンパク質的な栄養価は変わらないと言えましょう。
ちなみに・・・。

1パック350円、計量しますと200グラム入っておりました。


もし美しい形を保ったままであれば鰻一尾130グラムが980円、200グラムの中国産で換算すると1500円はくだらない代物です。

「この値段に文句を言うと罰が当たるよ(ひきつった笑顔)」

 

と仲卸店の店員は言っておりましたが確かにそうですね。
このように安い鰻を調達しておなか一杯鰻を食べる方法もありますので、知識として入れてもらえると幸いです。
では、おまちかね、早速調理いたしましょう。

切り落とし鰻の「俺楽うな丼」

材料(一人分)

  1. 鰻の切り落とし50~60g
  2. 大葉4~5枚
  3. ごはん一膳

作り方


1.大葉を小さく刻みます。

2.丼にごはんをよそい、鰻の切り落としをごはんが隠れるくらいに載せます。
その上に刻んだ大葉を乗せたら完成!

 

まとめ

鰻を入手する際に形にこだわらなければ安く仕入れる方法もあります。
エンゲル係数が下降して家計が楽になりますね!
なんでも工夫次第と言えましょう。
今日も読んでくれてありがとうございました。

では、みなさん、今日も元気にお過ごし下さい!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事