和室の襖の張替はプロに頼むと一枚2500円以上かかりますが、
自分でやれば材料費と工具だけでできます。
自分できる襖の張替方法を紹介します。

で、「襖(ふすま)」ってなに?

襖、それは真実の愛、ノーガードの証。
襖自体には防音や断熱などの効果はほとんどなく、戸であるのに鍵をかける機構もない。

戸襖の向こう側のプライバシーなど影も形も存在しない。

もし家の玄関が襖であれば泥棒は喜び勇んで突入してくるであろう。
究極の博愛・平和主義者、憲法九条があれば世界は平和だと思っているならば、
ぜひとも家の玄関を襖にしてみてはどうだろう。

あなたの人類博愛の精神が侵略者や泥棒を追い返すと言い張るさまを、
国際社会は生暖かく見守るであろう。

ちなみに襖が耐えられる圧力は無いに等しく、家屋の強度計算に襖は勘定されていないという。
つまり襖がなくても家の耐震性などにはまったく影響を及ぼすものではないという悲しい現実がある。
襖を紙ではなく厚さ数cmの鉄板で作れば小銃の弾丸をも弾き、
紙だとたかをくくる相手の度肝をぬくことはできよう。

このように和の心を醸成してきた同居人への思いやりの象徴、襖・・・。
われわれはいま一度、日本人の高潔な精神に目を向けるときがきたのかもしれない。

襖の張替道具はかさばるので通販おすすめ

というわけで、この素晴らしい日本文化、襖の張替に入ります。
襖紙は幅1mほどのロール状で販売されているので、
本数があればあるほど運ぶときは大層かさばる。

コミックマーケットで多数のポスターを抱えている聖戦士のような姿になるので、
まったくおすすめはできない。転倒すれば紙なので簡単に折れてしまう。

今時はネット通販で襖紙を注文することができるので、
何本注文しようが受けるのは宅配業者だ。
送料次第だが筆者はネット通販を激しくお勧めしたい。
梱包もしっかりしているから折れることもない。


宅配会社さん、本当にありがとうございます。
おかげで20枚分もの襖紙を鍛えし両腕に抱える必要がなくなった。

てかと
購入したあとむき出しロール状だと保管するのも困るしなぁ。

 

道具が揃っているか確認を!

前回の記事で必要な道具を紹介しました。

ここに注目もう一度道具がすべて揃っているかの確認をお願いします。
足りないものがあると作業が中断するのですが、アイロン張替え中は鉄の掟で止められない

てかと
アイロン(Iron)だけにね!

途中でとめますと襖紙がたわんだり、しわになったりするんで一気呵成にやりきるしかないのです。
電話だ!とか宅急便が!とかで作業を止めるときは失敗を覚悟しましょう。

襖くらいは若さあふれる肌のような張りのある仕上げをしたいですよね。
すみません、デリカシーは母の腹の中に置いてきたので今切らしてます。
余計なお世話ですみません。

かなり脱線しましたが、道具は揃ってますね?
大丈夫ですか?大丈夫ですね?うん、大丈夫。
では、はじめます。

襖の掃除

本記事ではまったく襖の張替をしたこともないド素人でもできるように、
古い襖紙の上から貼りつける作業を前提に紹介していきます。

最初にやらないといけないことは、襖の掃除です。
襖は木枠と紙でできているので普段水を使った掃除ができません。
張替前に思い切った拭き掃除をしておくべきかと。

汚い襖紙の上から貼り付けをすると汚れでデコボコになったり、
精神衛生上あまりよろしくないのです。
ゴミの上に新聞紙を敷いても汚いのは変わらないのと同じ理屈です。

1.襖の縁を拭き掃除。
襖の縁を布巾で拭き掃除。普段から綺麗にしていれば軽くふいて終わり。

もし長年掃除をしていない襖であれば、黒い縁の表面汚れがひどいことになっています。
その場合はメラミンスポンジなどに水を含ませて軽くこするといいでしょう。
2.引手を拭き掃除。
引手の手あか汚れを布巾でふき取り、磨きます。

長年掃除をしたこともない場合、引手をインテリアバールで外してから徹底的に研磨掃除をするべきです。
3.のり付けする面を拭き掃除。
襖の表面のほこり汚れをふき取ります。

あまりにも埃の付着などでひどい場合は表面を掃除機で吸い取るなど適宜対応で。

戸襖は外れるのか?

これで襖紙を貼り付ける前段階は終わりました。
ここが大問題なのですが、襖が敷居から外れるのか確認が必要。

戸襖が敷居から外れるか?
外れるなら作業は畳に寝かせて行えます。つまり楽ができます


外れない場合、戸を立てたまま張替作業を行うのでかなり厳しいです。
この状態で作業する場合は、アイロンのりの襖紙でないと初心者には
もはや絶望と言えましょう。

慣れないうちは仮止めの襖紙をベストポジションにもっていくのに苦戦します。
貼るにも宙づりの状態からトップが決まらないとできません。
つまりコツがいるんです。
その方法も別途紹介します。

家が古いと外れないことがある
柱がかしいだり、鴨居にものを釣ったりすると襖が外れなくなります。
この場合は襖の張替はサバイバルだと言えましょう。
知恵と勇気と根性が試される瞬間、ジャングルの掟です。
かなり楽できない。そこが面白いとも言えます。
てかと

まとめ

今回はここまで。
次回は戸襖が敷居から外れる襖の張替になります。

 

コメント一覧
  1. 声なき声 より:

    6月の大阪北部地震のとき、親戚で断水した家がありました。
    一番困ったのが、飲用と料理用の水です。
    スーパーに行ってもペットボトル売り場はほぼ空っぽで、やむを得ず、ネット通販で買うことにしたそうです。
    そしたら宅配業者が玄関口まで運んでくれますし、送料を入れても値段が少し高いだけで、大助かりであったと言っていました。
    コメや大容量のミネラルウォーターなどは、配達してもらえることにも大きな意味合いがありますね。

    • てかと より:

      断水とか停電とかどこでも起こるのに備えをしていない世帯が多いですね。
      記事にして紹介したこともあります。
      https://oreraku.com/oreraku-19-298
      飲料水用のタンクは常備して水を保管しておくと生死をわけます。
      ネット通販が便利なのは平時だけで宅急便がこれないほどの災害があったらその親戚がどうするつもりだったのか、そのさまを想像したら存外楽しかったです。

  2. mbd管理人 より:

    まって・・・。
    20枚∑(゚ロ゚〃)
    そんなに襖あんのーーーーーーーーー!

    犬子には犬子の独自ルールがあるのよ(笑)

    そうそう。
    まさにそういう国やから
    歴史も好きなように作り替えちゃうお国(苦笑)

    • てかと より:

      あるのよ。20枚。古民家風の屋敷ってそういうところ容赦ないから。
      さすがに10枚超えてくると熟練してきたよ(笑)。
      あの国はもうだめか。また乱世からやりなおしだわな。

  3. マーチン より:

    えーとっ まず 襖の種類なんですが 本襖 戸襖 リビング襖 ダン襖等に分かれます。
     
    てかとさんのご自宅は ダン襖はなさそうなので(段ボール襖)マンションや最近の住宅はほぼダン襖です。リビング襖とは片面が襖で裏がクロスだったりします。 戸襖は部屋との境
    本襖は割愛。 何がいいたいのかと、 ダンボール襖はアイロンとかべた張りと云う貼り方が基本(枠が外せないの) 本襖や系は水張りが基本(枠が外せるので)まぁあくまでも基本なんで
    すけどね、 アイロンの襖紙を否定してるわけでは有りません!
    そして 襖の外し方なんですが、 ダン襖はたわむので上にあげ、真ん中あたりを手前に引けばほぼ大丈夫
    戸襖も意外と同じ。どうしても外せない時は、車の油圧ジャッキを使います。
    鴨井にあて木して(上と下に)あて木の上に油圧ジャッキを置いて枠の長さより少し短い棒で
    持ち上げて外すんです。 外したらカンナ等で襖の下場の枠を削ります。 これで大工案件が解消かな??? 一応プロなので!!!。

    • てかと より:

      うちにあるのは戸襖ですね。仏間と床の間を結んでいる仕切りです。問題はここが外れないんですよね。頭が痛い問題なのですよ。
      そのダン襖というはなくて木枠がしなったり曲がるようには見えません。
      油圧ジャッキがあればいける!と聞いて喜び勇んで庭かけまわりたいのですが、そのジャッキがなかった。これがあればいける・・・。2cm、いや1cm隙間ができれば外れそうなんですが光明が見えてきました。
      ありがとうございます。

コメントを残す

関連キーワード
DIYの関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事