日本人の8割はハロウィンなんてどうでもいいという
無慈悲なアンケート結果がでて幾星霜・・・。
本来の主旨からも遠くかけ離れ、騒動の好きなやつが徒党を
組んで仮装する祭りと化した日本のハロウィン。
いい年して浮かれた格好で仮装なんぞしていられないので、
かぼちゃだけあやかってケーキを焼いてみます。

そもそもハロウィンってなんのためにあるの?

ハロウィンってなんのイベントか知ってます?
アイドンスピークイングリッシュ、ウェル。

それは日本の歴史をさかのぼること2678年。
神武天皇にはじまった日本建国から紐解いていこう。
最も古い文献「日本書紀」「古事記」にもハロウィンの名前はでてきていない。
公家の政治、武家の台頭、明治維新と続き激動の昭和に至るまで、
その長い歴史のどこにも登場していない。
つまり日本にハロウィンなる習慣はない。

それでは話が進まないので、ネットで調べてみました。

毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。

まったく別物に変わったアメリカのハロウィン

どうやらかぼちゃをくりぬいて作るジャック何某とかいう
オバケもアメリカの民間行事、後付けの創作でしかない。
悪霊を追い出す祭りが悪霊の格好をして菓子をよこせとは、
エクソシストも全米震撼、驚天動地のイベントに変転した。

中二病少女
セイクリッドエクソシズム。悪魔はしぬ。
てかと
悪魔祓い、エクソシストって映画でみたな。

もはやハロウィンと全く関係ない日本の仮想祭

さらに海をわたって日本にやってきたハロウィンは、
本来の意味をすべて失ったばかりの話ではない。
まるで多人数の伝言ゲームのようにあやまって伝わった、
世界でも類を見ない奇妙奇天烈な仮装ショーになった。

ハロウィンの真の意味と姿を知っても俺の感想は変わらない。
俺にとってハロウィンなんぞどうでもいい話であった。
歴史と人生に関連するものがなにもなかった。

大賢者な猫
ニャー!ニャー!ニャー!
(ノーモアウォー、ノーモアブラッド、ノーモアハロウィン。)
飼い主
お、おやつあげるからこれかぶって!

アメリカ版ハロウィンも日本人の習慣、文化、価値観からも程遠い。
なんで日本にきちゃったの?ゲットアウトヒア!

仮装祭は見なかったことにして「かぼちゃ」だけ使おう

とまぁ、ハロウィンをさんざんディスったところで、いいところだけを拾いたい。
何人もの明治維新の立役者を育てた松下村塾の吉田松陰はこう言っていたという。
春画(エロ本)も瓦版(東スポみたいなもの)も教科書である」、と。
天才からすればなんにでも学ぶところはある、ということだろう。
ありがたい教えである。ましていわんや、ハロウィンをや。

アメリカではかぼちゃをくりぬいてジャック何某とかいう
モンスター造形を作る民間行事があるそうだ。

そのくりぬいたかぼちゃをどうするかまでは寡聞にして知らない。
俺もハロウィンに興味がない8割の日本人のうちの一人なのだ。
ただし、かぼちゃを使った料理を作ることには同意してもいい。

今回はかぼちゃを使った炊飯器ケーキを焼いてみましょう。

自然の優しい甘さと香りのよい炊飯器かぼちゃケーキ

材料

  1. かぼちゃ 1/4カット
  2. ホットケーキミックス 150g
  3. 牛乳 1/2カップ(100cc)

これだけ。

レシピ

1.かぼちゃを蒸します。

かぼちゃを一口大ほどに切り、15分ほど蒸します。
電子レンジなら600W6~7分ほど。
2.つぶします。

かぼちゃの皮を剥ぎ取り、裏ごしします。
皮は食物繊維、栄養の宝庫。スタッフがおいしくいただきました。
3.よーく混ぜる。

つぶしたかぼちゃとホットケーキミックス、牛乳を混ぜます。
4.もう安心。

炊飯器の内側に油を薄く塗り、3の生地を流し込みます。
窯底をバンバン数回叩きエア抜きをしたら、炊飯器のスイッチをいれてください。

炊飯器にケーキ、早炊きというモードがあるならばそちらを使って下さい。
5.はい完成。

はい、焼きあがりました。カットして召し上がれ!
もっと膨らませたい
牛乳のみで卵、バターを使わなかったため膨らみ方は今一つ。
卵、バターをいれればこの倍は膨らんだであろう。
減点1。
味や香りはよく上品でやさしい甘さ。
紅茶ほしい。
てかと

まとめ

ハロウィンは犠牲になったのだ・・・。
犠牲の犠牲にな・・・。
とりあえず、かぼちゃつながりでなんとかスイーツを完成させました。
俺の誰得な仮装姿よりスイーツのほうが喜ばれましょう。

コメント一覧
  1. 八咫烏 より:

    前から私も疑問に思っていましたよ~。自身のブログでもハロウィンって?って感じで調べて公開したこともありますが。まあ、単純にお祭り騒ぎしたいから、ハロウィンでもなんでもよかったのかなぁと。10月ってあんまりお祭りないし、だんだん冬に向かって気持ちも落ち込んでくるからちょうど良いのではないですかね~。ただ、背景に間違いなく企業戦略があるでしょう。イベントや祭り、記念日が多ければ多いほど企業としては嬉しいはずですからね~。まあ、バレンタインデーと大して変わらないですね。一般人は、たまにはかぼちゃ食べてビタミンEを補足する日だとおぼえておけばよいのかと^^

    • てかと より:

      古事記にも書いてあります、みたいなノリだったら俺も参加したと思うんですよ。
      あまりにも突飛でさっぱり存在理由がわからないので、うざい、どうでもいい、みたいな祭りになったというか。
      古代ケルト人にあやまれ、みたいなことを言うつもりは毛頭ないんですが、もう少しオリジナルの意図を汲むべきだったのでは、とも(涙)。
      かぼちゃも関係ないみたいですよね。日本には冬至に食べる習慣あるしハロウィン関係ないみたいな。

  2. atsu より:

    ハロウィン
    いつからこんなに騒がれるようになったんだろう。
    日本ではコスプレイベントですよねぇ( *´艸`)
    知り合いの子が数年前にミツバチのコスプレをして
    参加したと言ってました(笑)
    そして、痴漢にあったと(苦笑)

    • てかと より:

      ハロウィンという名のコスプレ会場は痴漢の被害報告が結構でてますね。
      堂々と胸を触って「ハッピーハロウィン」とか抜かす痴漢も出るとか。
      古に伝え聞く邪神は罪人を待つように、浮ついたひとの群れには浮ついたひとが近寄っていく。
      オリジナルとは似ても似つかぬ日本にやってきたイベント、ハロウィン。
      賢明なひとは静観し近寄らないことをお薦めしたいですね。

  3. mbd管理人 より:

    まあ言うても
    うちもカレンダーで犬子のハロウィン仮装するだけやもん(笑)
    あと季節のお野菜でカボチャが安くなったら料理に登場するだけやし(´∀`*)ウフフ♡

    アニマル柄の中でも
    レオパードは派手なんだよねぇ~。
    これで心置きなく着られるわっ

    うちの犬子全部出すと
    1記事に9枚の写真になるしねぇ。
    なんかもったいぶって見えるけども実際にこれくらいでちょうどよいかんじ(b`-ω-´)b

    • てかと より:

      そういえば飼い主まで仮装してるって記事は見たことないですね。
      たまには突き抜けた飼い主も見てみたいとは思います(笑)。

      あの柄、わたし女優よ?感まるだしの上着、派手だだよねぇ。
      買うときもこれはあわない、みたいなためらいを感じるとは思う。
      流行りなら着ても良いのか。
      今年の冬の街角はレオパードか。

  4. 声なき声 より:

    孫娘の買っている幼稚園では、ハロウィンごっこをやっているようです。
    小さな子供が仮装をするのは可愛らしさがあっていいと思いますが、少なくとも私は真似したいとは思いません。
    大人が仮装して街の中を歩くのは、法律と社会常識の範囲内でやってほしいです。
    警察が警備に出たり、周辺住民が清掃をするのはお門違いです。
     
    カボチャの品のある甘さが大好きです。

    • てかと より:

      幼稚園のハロウィンごっこというのを俺の世代はやっていません。
      やはり後からやってきたイベントなのでしょう。
      痴漢やゴミなど問題も多くあまり歓迎されてはいないようですね。

  5. pil より:

    ハロウィン、こちらでも定着しつつあります。
    今のアパートに住んでからは、ありませんが、
    以前住んでたアパートでは、夜になると仮装した子供がピンポーン♪と、
    大きな袋を持って、お菓子をねだりに来てました。
    日本でだったら、こういうのはなさそうですね。
    誰からもらったかわからないお菓子を、食べさせられない的な(^_^;)

    • てかと より:

      さすがにドイツなど欧州圏ではやるんですね、ハロウィン。
      イギリスでもやっていると聞きました。
      日本の場合、インターフォン越しにお菓子をくれと子供がきたら警察に通報すると思います。
      強盗がきて金を出せ、っていうのと変わらない感じなので。

コメントを残す

関連キーワード
イベント, 料理の関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事