庭と一戸建てを手に入れて一国一城の主となれるひとは優越感という名のステータスを得ると同時に固定資産、不動産の土地管理責任者という重い十字架を背負います。
家の格にも関わりますし雑草生えまくりの庭とか美観的にもよろしくないです。
今回は庭の管理、庭木、雑草の処理について3つのポイントをまとめます。

超楽・造園業に毎年剪定と処理をオーダー。

庭をうめつくす庭木や芝生の隙間から伸びる雑草・・・。
これらの処理を時間のない方が行うのは至難のわざです。時間だけが平等であり、人生は有限。
なればこそ手っ取り早い解決方法は、プロに毎年依頼することです。


毎年、訪れる美しい四季の風景と庭の景観を保つために自己満足をお金で買います。

用意するもの

  1. 電話帳、ネット検索・・・信頼できる造園業者を探します。
  2. 依頼料・・・造園業者に支払う代金です。最低でも一日8000円はかかるでしょう。

アドバイス

資金力はパワーです。
お金持ちならば問題ありません。
いっそ庭に池でも作って鯉でも放ちましょう。
ご近所の名声が上がって一目置かれる存在になれます。
 

極楽・庭木を売却

世の中、なんにでも需要があるもので庭木ですら買い取り手があります。
親類に問い合わせたところ、庭木が不要だと感じたら買い取る業者を紹介すると教えてくれました。

剪定作業は大変で葉が落ちれば掃除、虫がわけば駆除、剪定した枝は束ねて可燃ごみ。
時間も手間もかかります。
であれば、面倒さの根源である庭木を売却して引き取ってもらうという選択肢もありましょう。

用意するもの

電話帳、ネット検索・・・庭木を買ってもらえる造園業者を探します。

アドバイス

自然の脅威に屈しはしましたが、あなたはもてる能力や体力でよく戦ったと思います。
その決断を尊重します!
自然とはわたしたち人類にとって厳しい父親のような存在でこそあれ、母親のような優しい存在ではないのです。
庭木を売って空いた土地を固める土などで固めて草も生えない不毛の大地と化し、すべてを忘れておいしいものでも食べましょう。

苦楽・庭木の剪定も雑草の草むしりも全部自分でやる。

庭の景観を維持するためにすべての作業を自分でやる選択です。

まさに修羅の道と言えましょう。業者に依頼するお金はまったくかかりません。

用意するもの

  1. 刈り込みばさみ、剪定ばさみなど
  2. 草刈り鎌
  3. 作業着一式
  4. 脚立
  5. 梯子

アドバイス

あなたの選んだ道は長く険しい茨の道です。夏の暑い日だろうが怠けたくなる己の軟弱な精神と常に闘い、庭師に頼む作業の一切をすべて自分で行います。
すべてとは剪定した庭木の伐採枝の処理から雑草の草むしりにいたるまですべてです。


長じれば庭の管理に対して高い技能に達し、我流ながらも極めて庭師に限りなく近づく未来もありましょう。

  • メリット
    親類・縁者・知人を家に呼んだとき「この庭はわたしが手入れした」と優越感にひたることができます。
  • デメリット
    管理を怠れば伸び放題の庭木、雑草の覆いつくす庭に直面して黒歴史になりかねないもろ刃の剣でもあります。

 

まとめ

  • 超楽・極楽を選べば美しい景観の庭を保つことも難しくないでしょう。
  • 苦楽の道を選ぶと支出を大きく抑えて、庭師の技能を自ら高めていけます。時間と体力と行動力のある方におすすめ。
  • セミリタイア・スローライフに突入できたら己を高める苦楽コースへお薦めしたいです。
今日も読んでくれてありがとうございました。

では、みなさん、今日も元気にお過ごし下さい!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事