本格的に寒くなる前に冬用のインナー、もう準備はお済ですか?
いろいろなメーカーが着用すると温かさを保つ発熱素材のインナーを販売していますので、
メーカー、商品名、価格帯を比較してみます。
商品をえらぶときのヒント、参考になれば幸いです。

保温率の高い下着がこんなに・・・

メーカーがしのぎを削って開発している吸湿と発熱の保温繊維。
年々、バージョンがあがり速乾、吸湿、保温の性能があがっている模様。
薄い生地でも着用するとほのかに温かい。
汗で濡れても乾燥が早い。

吸湿発熱仕様、冬のインナーについて調べてみたところ、
人体から発せられる汗を吸って熱を出す、という仕組み。
簡単に書くとこういう仕様。考えたひとは天才です。

次はどれだけの商品が現在あるのか調べてみました。

てかと
ヒートテックしか知らないんです。
こんなにあったとは・・・不覚!

1ベルメゾン ホットコット

男性、女性用インナーがあり990~1800円ほどです。
種類は長袖、三分袖、フルレングス。
生産は中国・タイ。
検索すると必ずでてくるホットコット。
半袖で1000円くらいです。

グンゼ ホットマジック

男性、女性用インナー、価格帯は2000~2500円ほど。

種類は長袖、三分袖、フルレングス、靴下。
機能は吸湿発熱。
生産は日本。メイドインジャパン。

3ユニクロ ヒートテック

男性・女性用インナー、価格帯は1000~2000円ほど。
種類は長袖、三分袖、キャミソール、フルレングス、ボクサーパンツ、靴下ほか。
生産は中国。

4イトーヨーカドー ボディヒーター

男性・女性用のインナー、価格帯は790~1290円ほど。
種類は長袖、三分袖、フルレングス、ボクサーパンツ、靴下。
生産はインドネシア。

5しまむら ファイバーヒート

男性・女性用のインナー、価格帯は580~980円ほど。
種類は長袖、三分袖、フルレングス、ボクサーパンツ、靴下ほか。
生産はサイトに記載なし。

6イオン・トップバリュ ピースフィット

男性・女性用のインナー、価格帯は950円。
種類は長袖、三分袖、フルレングス、ボクサーパンツ、靴下ほか。
生産は中国。

7西友 エコヒート

男性・女性用のインナー、価格帯は780~1280円。
生産は不明。

現時点で探してみたところ、インナーで見つかったのはこの7つ。
他にもスポーツメーカーがスポーツ用に作ったものも含めると相当な数があるでしょうか。

8ミズノ ブレスサーモ

男性・女性用のインナー、価格帯は2000円ほど。
種類は長袖、三分袖、フルレングス、ほか。
生産は日本。

9ワークマン チャージヒート

男性・女性用のインナー、価格帯は980円~。
種類は長袖、三分袖、ほか。
素材/アクリル62%・レーヨン33%・ポリウレタン5%
生産の情報は商品ページに記載なし。

 

てかと
こんなにあったのか・・・。
吸湿発熱インナーで検索したものでこれだけ。

各社のサイトで業界標準とでもいうべき保温率、保湿率、速乾性などの
数値をあげてほしいのですがどこにも書かれていません。

わかるのは当社比%の改良したというデータのみ。

数値比較はさせてくれないのかな。
これはもう着てみてあう、あわないを判断するしかありませんでした。

あと製品ごとの繊維割合については、頻繁に変わるようで記載してません。
去年と今年ですでに当社比数%改良と研究開発のたびに変わるようです。
メーカーのあくなき探求心に敬意と感謝をささげたい。

なお繊維の量で肌触りなども変化するのでしょうが、
正直がさつなせいか差がほとんどわからないのです。

今回は勉強がてら種類だけでもこれだけあるということで、
まとめにはいります。

まとめ

これだけの種類があるとなると、一着ずつ製品を購入し着用してみて差分をとるのはありかもしれません。
著者はユニクロのヒートテックを使っていますが、次購入するならグンゼの商品を選んでみようか、と。
もはや体感温度は誤差の範囲でしょうし、好きなメーカーの製品を買えばいいんじゃないでしょうか。
それにグンゼは今時分に日本製というのが気になりました。
どうせならメイドインジャパンの下着がほしいです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事